pH

土に関する用語

園芸の用語『土壌酸度』とは?

「土壌酸度」とは、土壌の性質を示す指標のひとつで、土壌がどれくらい酸性か、アルカリ性かを表しています。土壌酸度は、pH値で表され、0~14の範囲で数値が低いほど酸性が強く、数値が高いほどアルカリ性が強くなります。 通常、土壌酸度はpH5.5~6.5の間が適正とされています。この範囲では、土壌中の養分が植物に吸収されやすく、微生物が活発に活動することができます。しかし、土壌酸度が適正範囲から外れると、植物の生育や微生物の活動に悪影響を及ぼす場合があります。 土壌酸度が高すぎる場合、植物の根が養分を吸収しにくくなり、生育不良を起こすことがあります。また、微生物の活動が抑制され、土壌の分解能が低下します。 土壌酸度が低すぎる場合、アルミニウムやマンガンなどの金属元素が溶出し、植物の生育に悪影響を及ぼすことがあります。また、土壌中のリンや鉄が固定され、植物が吸収しにくくなります。
土に関する用語

園芸の用語『酸度調整』について

園芸の用語『酸度調整』について 酸度調整とは何か 酸度調整とは、植物の生育に適した土壌の酸度(pH)に調整することです。酸度は、土壌中の水素イオン濃度を表す数値で、0~14の範囲で表されます。pH7が中性で、それより低いと酸性、高いとアルカリ性となります。 植物は、それぞれ生育に適したpHがあります。例えば、ブルーベリーは酸性土壌を好み、バラは中性~アルカリ性の土壌を好みます。土壌のpHが適していないと、植物は栄養素をうまく吸収できず、生育不良になります。 酸度調整は、土壌のpHを調整することで、植物の生育を促進します。酸性土壌を中性~アルカリ性にするには、石灰を施用します。アルカリ性土壌を酸性にするには、硫黄を施用します。 酸度調整を行う際には、土壌のpHを測定することが大切です。土壌のpHを測定するには、土壌分析キットを使用します。土壌分析キットは、ホームセンターなどで販売されています。
土に関する用語

園芸用語:pHとは?

pHとは? pHとは、物質の酸性度、アルカリ性を示す尺度です。0から14までの数値で表され、7が中性、0-6.9が酸性、7.1-14がアルカリ性となります。一般的に、植物の生育に適したpHは6.0~7.0と言われています。酸性度やアルカリ度が強すぎると、植物の生育が阻害されてしまいます。また、pHは土壌の性質や、水質などによっても異なりますので、植物を育てる際には、その植物の生育に適したpHを把握することが大切です。
土に関する用語

園芸の用語『酸性土壌』について

園芸の用語『酸性土壌』について 酸性土壌とは? 酸性土壌とは、土壌のpH値が7未満の土壌のことです。 pH値とは、土壌の酸性度やアルカリ性を表す指標で、0から14までの数値で表されます。7を中性とし、7より大きい値をアルカリ性、7より小さい値を酸性と呼びます。 酸性土壌は、一般的に、森林や湿地などの日陰の多い場所や、火山灰質の土壌などに多く見られます。 また、過剰な肥料の使用や、酸性雨の影響で酸性化する土壌も増えています。酸性土壌は、植物の生育に悪影響を及ぼすことが多く、特に、アルカリ性の土壌を好む植物は、酸性土壌では育ちにくい傾向にあります。
土に関する用語

セル培土とは?その特徴と使い方

セル培土とは、栽培する植物の根を十分に伸ばすために土を専用の容器に小分けして収めたものです。容器の大きさは、育てる植物の根の大きさによってさまざまです。セル培土を使うことで、根の張り具合を調整することができ、根腐れを防ぐ効果もあるため、植物を健康に育てることができます。 また、セル培土は、小分けされていることで、通気性に優れているため、根の呼吸を促進することができます。また、水はけがよいので、根腐れを防ぐことができます。さらに、セル培土は、ポットと違って、根が絡み合うことがないので、植物の植え替えが簡単です。