頭状花序

植物の種類に関する用語

頭状花序を理解しよう〜ヒマワリ、ガーベラ、キクの花が咲く秘密に迫る〜

頭状花序とは、特殊な花序の一種で、多くの小さな花が集まって、頭(花盤)のように見える構造のことである。頭状花序を形成する花を小頭花といい、ヒマワリやガーベラ、キクなどに見られる。花びらのように見えるのは総苞片といい、小頭花を守る役目がある。頭状花序の中心にあるのは、筒状花といい、花びらが筒状になり、雄しべと雌しべが合着している。筒状花の周りに、舌状花があり、花びらが平らに広がっていて、雄しべと雌しべが分かれている。 頭状花序は、小さな花が集まって大きくなることで、受粉の効率を高めている。また、総苞片が花を守ることで、虫害や雨風から花を守っている。頭状花序は、その美しい花の姿と、花の構造の面白さから、多くの人々に愛されている。
植物の種類に関する用語

管状花の基礎知識

管状花とは、花びらが筒状に合着し、その中に雄しべと雌しべが収まっている花の構造のことです。 管状花は、花びらの数が4~5であることが多いですが、中には1個のものもあります。 また、管状花は、花びらが合着しているため、花弁が自由ではないのが特徴です。 管状花は、様々な植物に見られますが、特にキク科、ゴマノハグサ科、シソ科の植物に多く見られます。 管状花は、花弁が筒状に合着しているため、花蜜が外に流れにくい構造になっています。 そのため、管状花は、昆虫を誘き寄せるために、強い香りを放出しています。 昆虫は、管状花の花蜜を吸うことで、花粉を運んでもらいます。