開花調整

育て方に関する用語

園芸の技「球根冷蔵」

球根冷蔵の目的 球根冷蔵とは、球根を一定の低温にさらすことで、花芽分化を促進し、開花を早めたり、花をより美しく咲かせる技法です。球根冷蔵には、主に以下の目的があります。
  • 開花時期の調整球根冷蔵することで、開花時期を調整することができます。たとえば、チューベローズは、球根を冷蔵することで、開花時期を早めたり、遅らせたりすることができます。「球根を冷蔵することで、開花時期をコントロールすることができ、他の花との開花時期を調整することができます。」
  • 花芽分化の促進球根冷蔵は、花芽分化を促進する効果もあります。花芽分化とは、球根の中に花芽ができることです。花芽分化が促進されると、より多く花をつけるようになります。
  • 花付きの向上球根冷蔵は、花付きを向上させる効果もあります。花付きとは、1本の茎に咲く花の数を指します。球根冷蔵によって花付きが向上すると、より豪華な花を楽しむことができます。
  • 病害虫の予防球根冷蔵は、病害虫の予防にも効果的です。球根を冷蔵することで、球根に潜む病原菌や害虫を死滅させることができます。また、球根を冷蔵することで、球根の休眠期間を延長することができ、病害虫の発生を抑制することができます。「球根冷蔵は、球根の休眠期間を延長することで、病害虫の発生を抑制することができます。」