開花促進

成長に関する用語

園芸の専門用語『ジベレリン』とは?

園芸の専門用語『ジベレリン』とは? -ジベレリンとは何か?- ジベレリンとは、植物の成長を促進する植物ホルモンの一種です。 ジベレリンは、1926年に日本の植物学者、黒田長禮によって発見されました。ジベレリンは、植物の茎、葉、根などの器官の伸長を促進する働きがあります。また、ジベレリンは、果実の肥大を促進する働きもあります。ジベレリンは、植物の成長を促進する働きがあるので、園芸や農業で広く利用されています。例えば、ジベレリンを果樹に散布すると、果実の肥大を促進することができます。また、ジベレリンを花卉に散布すると、花の茎を長くすることができます。
育て方に関する用語

園芸の用語『夜冷育苗』について

園芸の用語『夜冷育苗』について -夜冷育苗とは- 夜冷育苗とは、夜の低温を利用して、植物の生育を促進させる栽培方法です。夜間に気温が下がると、植物は低温に耐えるために、細胞壁を強化したり、糖分を蓄積したりします。これにより、植物は強健になり、病害虫に抵抗力がつきます。また、夜冷育苗は、植物の徒長を防ぐ効果もあります。徒長とは、植物が間延びして、弱々しくなる現象のことです。夜冷育苗を行うことで、植物の成長を適度に抑え、しっかりとした株に育てることができます。 夜冷育苗は、多くの植物に応用できますが、特に効果的なのは、トマト、ナス、キュウリなどの野菜類です。これらの野菜は、夜冷育苗を行うことで、生育が早まり、収穫量が増加します。また、夜冷育苗は、花卉類にも効果的です。花卉類は、夜冷育苗を行うことで、花付きが良くなり、花が長持ちします。 夜冷育苗を行うには、夜の気温が10℃以下になる時期に、ビニールハウスやトンネルなどの施設を使用します。施設内に苗を植え付け、夜間は施設の扉や窓を開けて、外気の冷気を導入します。朝になったら、施設の扉や窓を閉めて、苗を保温します。この作業を繰り返すことで、夜冷育苗を行うことができます。
育て方に関する用語

遮光栽培で花を咲かせる

遮光栽培とは、植物の生育に適した光量をコントロールして、花を咲かせる栽培方法です。遮光栽培は、日差しが強すぎる地域や、花を咲かせたい時期に日照時間が短い地域でよく行われています。遮光栽培を行うことで、植物の生育を促進し、花を咲かせることができます。遮光栽培は、ハウスやトンネルなどの施設で行われます。ハウスやトンネルは、光を遮断する素材で覆われており、光量をコントロールすることができます。遮光資材は、遮光率の異なるものが販売されており、植物の種類や生育段階に合わせて、適切な遮光資材を選ぶ必要があります。遮光資材には、遮光シートや遮光ネットなどがあります。遮光シートは、光を完全に遮断するもので、遮光率は100%です。遮光ネットは、光を部分的に遮断するもので、遮光率は50%~90%程度です。
育て方に関する用語

園芸の技「球根冷蔵」

球根冷蔵の目的 球根冷蔵とは、球根を一定の低温にさらすことで、花芽分化を促進し、開花を早めたり、花をより美しく咲かせる技法です。球根冷蔵には、主に以下の目的があります。
  • 開花時期の調整球根冷蔵することで、開花時期を調整することができます。たとえば、チューベローズは、球根を冷蔵することで、開花時期を早めたり、遅らせたりすることができます。「球根を冷蔵することで、開花時期をコントロールすることができ、他の花との開花時期を調整することができます。」
  • 花芽分化の促進球根冷蔵は、花芽分化を促進する効果もあります。花芽分化とは、球根の中に花芽ができることです。花芽分化が促進されると、より多く花をつけるようになります。
  • 花付きの向上球根冷蔵は、花付きを向上させる効果もあります。花付きとは、1本の茎に咲く花の数を指します。球根冷蔵によって花付きが向上すると、より豪華な花を楽しむことができます。
  • 病害虫の予防球根冷蔵は、病害虫の予防にも効果的です。球根を冷蔵することで、球根に潜む病原菌や害虫を死滅させることができます。また、球根を冷蔵することで、球根の休眠期間を延長することができ、病害虫の発生を抑制することができます。「球根冷蔵は、球根の休眠期間を延長することで、病害虫の発生を抑制することができます。」
育て方に関する用語

園芸の用語『短日栽培』と知っておくべきこと

園芸の用語「短日栽培」は、植物の成長を制御するために、日照時間を短くすることによって行われる栽培方法のことです。通常、植物は日照時間が長くなると成長しますが、短日栽培では日照時間を短くすることで、植物の成長を抑制します。これにより、植物の背丈を低くしたり、花を咲かせやすくしたりすることができます。 短日栽培は、さまざまな植物に応用されています。例えば、菊やポインセチアは、短日栽培によって花を咲かせることができます。また、ナスやトマトなどの野菜も、短日栽培によって果実の生産量を増やすことができます。 短日栽培を行うには、日照時間を短くする必要があります。これは、遮光ネットやビニールシートで植物を覆ったり、植物を建物の中に置いたりすることによって行うことができます。また、植物の周りに光を遮るような障害物を置くことによっても、日照時間を短くすることができます。