醸熱材料

ガーデニングに関する用語

園芸用語『醸熱材料』について

醸熱材料とは、堆肥や腐葉土、籾殻燻炭、バーク堆肥、稲わらなど、微生物の働きによって分解されながら熱を出す材料のことです。 これらの材料を土に加えることで、土壌を温め、植物の生育を促進する効果があります。 醸熱材料は、堆肥や腐葉土、籾殻燻炭、バーク堆肥、稲わらなど、さまざまな種類のものがあります。これらの材料は、微生物の働きによって分解されながら熱を出すため、土壌を温める効果があります。また、分解された材料は土壌の栄養分となり、植物の生育を促進します。 醸熱材料は、主に畑や花壇など、土壌を温める必要がある場所で使用されます。また、ハウスやビニールトンネルなど、保温が必要な場所でも使用されます。醸熱材料を使用することで、土壌の温度を上げ、植物の生育を促進することができます。
育て方に関する用語

踏込温床 | 家庭菜園で苗作りに欠かせない育苗法

踏込温床(ふみこみおんしょう)とは、踏込温床とは、家庭菜園で苗作りに欠かせない育苗法の一つです。踏込温床は、地面に穴を掘り、そこに堆肥や落ち葉を入れて発酵させることで、熱を発生させて苗を育てる方法です。踏込温床は、苗を早く育てることができるため、寒い地域や、早く苗を育てたい場合に適しています。また、踏込温床は、苗を病害虫から守ることができるため、苗作りに適しています。