道具

ガーデニングに関する用語

園芸の用語『ふるい』とは?

ふるいとは、園芸において、土壌や砂利などから小石やゴミを取り除くために使用する道具のことです。ふるいを使用することで、土壌や砂利を均一に整えることができ、植物の根の成長を促進したり、水の浸透性を向上させたりする効果があります。ふるいには、さまざまな形状や大きさのものがあり、使用する目的や素材によって使い分けることができます。一般的なふるいは、金属製の網またはプラスチック製のメッシュで作られており、円形や四角形をしています。また、電動式のふるいもあり、土壌や砂利を大量にふるう場合に使用されます。
植栽に関する用語

園芸用語「土入れ」とは?使い方や種類を解説

土入れの種類 土入れには、さまざまな種類があります。それぞれの土入れには、それぞれの特徴と用途があります。 ◆全層土入れ 全層土入れは、土壌を深く耕し、その中に肥料や有機物を混ぜ合わせて、新しい土壌を作る方法です。この方法は、土壌を改善し、植物の生育を促進する効果があります。 ◆表層土入れ 表層土入れは、土壌の表面に肥料や有機物を混ぜ合わせて、新しい土壌を作る方法です。この方法は、土壌の表面を改善し、植物の生育を促進する効果があります。 ◆区画土入れ 区画土入れは、土壌の一部を区画して、その中に肥料や有機物を混ぜ合わせて、新しい土壌を作る方法です。この方法は、土壌の一部を改善し、植物の生育を促進する効果があります。 ◆穴あき土入れ 穴あき土入れは、土壌に穴を開けて、その中に肥料や有機物を混ぜ合わせて、新しい土壌を作る方法です。この方法は、土壌の通気性を改善し、植物の生育を促進する効果があります。
ガーデニングに関する用語

園芸の友、噴霧器

-噴霧器とは何か?- 噴霧器とは、液体または粉末を微小な粒子にし、空中に放出する機器のことです。園芸や農業で使用されるものが一般的ですが、工業用や医療用など、さまざまな分野で使用されています。噴霧器の種類は、噴射方法や用途によってさまざまですが、代表的なものとしては、手動式、電動式、エンジン式、背負い式、肩掛け式などがあります。 園芸や農業で使用される噴霧器は、主に液体肥料や農薬を散布するために使用されます。液体を微粒子にして散布することで、植物の表面に均一に付着させることができ、効果的な散布が可能です。また、噴霧器は害虫を駆除するためにも使用されます。噴霧器で殺虫剤を散布することで、害虫を駆除し、植物を保護することができます。