通風

植栽に関する用語

園芸の用語『株間』とは?

園芸の用語『株間』とは? 株間とは何か 園芸の用語『株間』とは、植物の株と株の間の距離のことです。株間は、植物の生長や健康に大きな影響を与えます。株間が狭すぎると、植物が密集してしまい、日照や風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。反対に、株間が広すぎると、植物が十分に生長できず、収穫量が減少します。株間は、植物の種類や生長量、栽培環境などによって異なります。一般的には、株間は、植物の広がりよりも少し広くとるのが良いとされています。
病気に関する用語

灰色かび病の知識と予防法

灰色かび病とは 灰色かび病は、植物を犯す病気の一種です。灰色かび病の原因となる菌は、灰色かび菌(学名Botryotinia fuckeliana)と言い、世界で広く生息しています。果物、野菜、花卉など、さまざまな植物がこの病気に罹る可能性があります。灰色かび病は、特に高温多湿の環境で発生しやすく、植物の傷口から侵入することが多いです。灰色かび病にかかると、植物に灰色のカビが生え、腐敗してしまいます。
病気に関する用語

うどんこ病とは?原因と対策を解説

うどんこ病とは、うどんこ菌による植物の病気です。世界中の多くの植物に感染し、日本国内でも広く分布しています。うどんこ病の症状は、葉や茎に白い粉状のかびが生えることです。 かびは次第に広がって、葉が枯れたり、実がつかなくなったりすることがあります。うどんこ病は、高温多湿を好みます。夏場や梅雨時期に発生しやすく、特に、日当たりの悪い場所や風通しの悪い場所での被害が大きくなります。 うどんこ病の原因は、うどんこ菌です。うどんこ菌は、空気中や土壌中に存在しており、植物の気孔から侵入します。 うどんこ菌が侵入すると、植物の組織内で菌糸を伸ばし、胞子を作ります。胞子は風や水で他の植物に運ばれ、新しいうどんこ病を発生させます。
育て方に関する用語

摘葉とは?その手法と重要性

摘葉とは、高品質で健康な茶葉だけを厳選し、摘み取る手法のことです。茶葉の品質は、茶葉の等級や価格に大きく影響します。摘葉は、茶葉の品質を維持し、高品質の茶葉を生産するために重要な工程です。 摘葉は、通常、春先から秋にかけて行われます。摘葉の時期は、茶葉の生育状況によって異なります。摘葉には、手摘みと機械摘みの2つの方法があります。手摘みは、熟練した茶農家が茶葉を一つ一つ丁寧に摘み取ります。機械摘みは、機械を使って茶葉を摘み取ります。機械摘みは、手摘みに比べて効率的ですが、茶葉を傷つける可能性があります。