薬剤

その他の用語

粉剤について知ろう!

粉剤とは? 粉剤とは、固体の薬剤や食品などを粉末状にしたものです。粉末状にすることで、表面積が大きくなり、溶解速度や吸収速度が速くなるという特徴があります。そのため、薬剤を服用したり、食品を摂取したりする際に、迅速に効果を発揮することが可能です。 粉剤は、医薬品、食品、化粧品など、さまざまな分野で使用されています。医薬品としては、解熱剤、鎮痛剤、抗生物質などが粉剤として販売されています。食品としては、粉ミルク、プロテインパウダー、片栗粉などが粉剤として販売されています。化粧品としては、ベビーパウダー、フェイスパウダー、ルースパウダーなどが粉剤として販売されています。
害虫に関する用語

カイガラムシ徹底攻略!駆除方法と予防法

カイガラムシとは?種類や生態を解説 カイガラムシとは、カメムシ目カイガラムシ科の昆虫です。世界の熱帯から温帯地域にかけて広く分布しており、日本には約200種が生息しています。カイガラムシは植物の樹液を吸って生きており、特に柑橘類、バラ、ツツジ、ヤシなどの果樹や観葉植物に被害を与えます。 カイガラムシの成虫は、体長が数ミリ程度の小さな昆虫で、オスは翅がありますがメスは翅がなく、貝殻のような固い殻で覆われています。メスは、1匹で数百個もの卵を産み、卵は1週間ほどで孵化します。孵化した幼虫は、植物の樹液を吸って成長し、1ヶ月ほどで成虫になります。また、カイガラムシは、樹液を吸うことで植物に弱らせ、すす病などの病気を媒介することもあります。
害虫に関する用語

浸透移行性とは?農薬の新しい使い方を解説

浸透移行性とは、農薬が植物の表面から侵入し、内部に移動する性質のことです。農薬の浸透移行性によって、農薬は植物の内部組織まで到達することができ、植物を病気や害虫から守ることができます。浸透移行性農薬は、葉面散布や土壌灌注などによって植物に施用されます。葉面散布された農薬は、植物の葉から浸透し、内部組織に移動します。土壌灌注された農薬は、植物の根から吸収され、内部組織に移動します。浸透移行性農薬は、害虫や病原菌を直接駆除するだけでなく、植物の成長を促進したり、病害虫に対する抵抗力を高めたりする効果もあります。
育て方に関する用語

園芸の用語「生長調節剤」とは?

園芸の用語「生長調節剤」とは? 生長調節剤とは何か 生長調節剤とは、植物の生長を制御する物質のことです。植物の中には、天然に生長調節剤を生産するものもありますが、人工的に合成されたものもあります。生長調節剤は、植物の生長を促進したり、抑制したり、特定の器官の生長を促したり、抑制したりする効果があります。また、花の咲く時期を調整したり、果実の収穫量を増やしたりすることもできます。 生長調節剤は、園芸においてさまざまな目的で使用されています。例えば、花を早く咲かせるために、花芽分化を促進する生長調節剤を使用したり、果実の収穫量を増やすために、果実肥大を促進する生長調節剤を使用したりします。また、樹木の剪定を少なくするために、枝の伸長を抑制する生長調節剤を使用したり、雑草の発生を抑えるために、雑草の生長を抑制する生長調節剤を使用したりすることもあります。
害虫に関する用語

園芸の用語『エアゾール』の意味と使い方

エアゾールとは? エアゾールとは、微細な固体粒子または液体粒子が気体中に浮遊した状態のことをいいます。エアゾールは、自然界にも人工的に作られたものにも存在します。自然界では、海からの水しぶきや火山灰、花粉などがエアゾールの一種です。人工的には、スプレー缶やエアゾール式の殺虫剤、塗料などがエアゾールを発生させます。エアゾールは、粒子の大きさが0.1~100マイクロメートルと非常に小さく、空気中に長時間浮遊することができます。そのため、エアゾールは、長距離を移動して大気汚染を引き起こしたり、人間の健康に悪影響を及ぼしたりすることがあります。
害虫に関する用語

園芸用語「接触剤」とは?その特徴と使い方

接触剤とは、葉や茎に直接散布して病害虫を除去する農薬の一種です。他の農薬に比べて効果が早く現れますが、持続性はありません。そのため、定期的に散布する必要があります。 接触剤は、アブラムシやハダニなどの害虫や、うどんこ病や灰色かび病などの病気に対して有効です。また、雑草の駆除にも使用されます。 接触剤を使用する際には、農薬の使用上の注意をよく読み、正しく使用することが大切です。また、接触剤は人や動物に有害な場合がありますので、使用中は肌や目への接触を避けるようにしましょう。
その他の用語

園芸用語『AL剤』の意味と使い方

AL剤とは、植物の成長を促進する薬剤のことです。ALは、アンチ・ lodging(倒伏防止)の略であり、植物を強靭に育て、倒れにくくする効果があります。また、AL剤には、根張りを促進する効果や、病害虫の発生を抑制する効果もあります。AL剤は、水稲や小麦などのイネ科作物や、果樹、野菜、花卉など、幅広い作物に使用されています。AL剤を使用することで、作物の収量を増やし、品質を向上させることができます
ガーデニングに関する用語

フロアブル剤って?水溶液と何が違うの?

フロアブル剤とは? フロアブル剤とは、水に溶かして使用する農薬の種類のことです。 フロアブル剤は、水に溶かして使用する農薬であり、水溶液とは異なり、油性成分を多量に含んでいるのが特徴です。 そのため、水溶液よりも水に溶けにくく、油に溶けやすい性質を持っています。 フロアブル剤は、水溶液よりも粒子が細かく、水に分散しやすいという特徴もあります。そのため、薬剤が農作物に付着しやすく、長期間効果が持続します。 さらに、フロアブル剤は、水溶液よりも水に溶けにくいため、農作物の葉や茎に付着しても流れ落ちにくいという特徴もあります。そのため、雨や風による影響を受けにくく、効果が長期間持続します。
成長に関する用語

植物生長調節剤とは?種類や用途を分かりやすく解説

植物生長調節剤とは、植物の生長や発育を制御する化学物質です。植物は、種子から発芽して成長する過程で、環境の変化に応じて生長や発育を調節しています。植物生長調節剤は、植物が本来持っている生長や発育を調節する機能を補ったり、促進したり、抑制したりする働きをしています。 植物生長調節剤には、植物の根の生長を促進するオーキシン植物の茎の生長を促進するジベレリン植物の葉の生長を促進するサイトカイニン植物の開花を促進するフロリゲン植物の落葉を促進するアブシジン酸など、さまざまな種類があります。 植物生長調節剤は、農業や園芸で広く利用されています。例えば、オーキシンは、植物の根の生長を促進するために使用され、ジベレリンは、植物の茎の生長を促進するために使用され、サイトカイニンは、植物の葉の生長を促進するために使用されています。フロリゲンは、植物の開花を促進するために使用され、アブシジン酸は、植物の落葉を促進するために使用されています。
その他の用語

スプレー剤とは?

スプレー剤とは、ガスやエア圧を用いて液体または粉末を噴霧状にして噴射する製品の総称です。噴霧状の制汗剤、殺虫剤、芳香剤、医薬品などの様々な用途に使用されます。スプレー剤の種類は大きく分けて、エアゾールスプレー、ポンプスプレー、トリガースプレーの3種類があります。 エアゾールスプレーは、容器内にプロパンやブタンなどのガスと噴霧する液体または粉末が入っており、ガスを噴射して液体を噴霧するタイプです。ポンプスプレーは、容器内に液体が入っており、ポンプを押して液体を噴霧するタイプです。トリガースプレーは、容器内に液体が入っており、トリガーを引いて液体を噴霧するタイプです。 スプレー剤は、噴霧状にすることで、広い範囲に均一に噴射することができ、使用しやすいという特徴があります。また、噴霧状にすることで、液体の蒸発面積を大きくすることができ、より早く効果を発揮させることができます。スプレー剤は、家庭やオフィス、公共施設など、様々な場所で広く使用されています。
ガーデニングに関する用語

園芸の友、噴霧器

-噴霧器とは何か?- 噴霧器とは、液体または粉末を微小な粒子にし、空中に放出する機器のことです。園芸や農業で使用されるものが一般的ですが、工業用や医療用など、さまざまな分野で使用されています。噴霧器の種類は、噴射方法や用途によってさまざまですが、代表的なものとしては、手動式、電動式、エンジン式、背負い式、肩掛け式などがあります。 園芸や農業で使用される噴霧器は、主に液体肥料や農薬を散布するために使用されます。液体を微粒子にして散布することで、植物の表面に均一に付着させることができ、効果的な散布が可能です。また、噴霧器は害虫を駆除するためにも使用されます。噴霧器で殺虫剤を散布することで、害虫を駆除し、植物を保護することができます。