落葉樹

その他の用語

園芸用語『休眠』について

園芸用語『休眠』について -休眠とは- 休眠とは、植物が成長を一時的に停止し、冬の間など、不適な環境条件を生き延びるための生存戦略です。休眠している植物は、葉を落とし、茎や根を休ませ、エネルギーを蓄えます。休眠は、植物が環境の変化に適応するための重要な生存戦略です。 休眠には、いくつかの種類があります。外因性休眠とは、環境条件によって引き起こされる休眠です。例えば、低温や日照時間の短さが、休眠を引き起こすことがあります。内因性休眠とは、植物の遺伝子によって引き起こされる休眠です。例えば、一部の植物は、一定の年齢になると休眠に入ります。 休眠は、植物の成長を調整するために利用することができます。例えば、休眠中の植物を冷蔵庫に保管することで、休眠を延長し、植物の成長を遅らせることができます。また、休眠中の植物を暖かい場所に置くと、休眠を解除し、植物の成長を促すことができます。
植物の種類に関する用語

広葉樹とは〜園芸の用語〜

広葉樹とは〜園芸の用語〜 広葉樹とは? 広葉樹とは、葉が比較的大きく、平べったい葉をしている木の総称です。葉脈が網状に広がっており、葉の縁がギザギザになっているのが特徴です。広葉樹は、主に温帯から熱帯地域に分布しています。多くは常緑樹ですが、一部落葉樹も存在します。 広葉樹は、木材として利用されることが多く、家具や建築材料などに使用されています。また、果実や種子をつける種類もあり、食用や薬用として利用されています。
植物の種類に関する用語

園芸の用語『雑木』とは?

-園芸の用語『雑木』とは?- -雑木とは何か?- 園芸の用語として使われる「雑木」とは、具体的には、盆栽にするための木や庭に植栽する木を指します。 雑木は、それらの木が一般的に山に自生しているため、「山採り」とも呼ばれます。雑木盆栽とは、雑木を盆栽にしたものであり、その独特な趣が愛好されています。雑木盆栽は、大きく分けて、常緑樹と落葉樹の2種類に分類されます。常緑樹は、一年中葉が茂っている木であり、落葉樹は、季節によって葉が落ちたり生えたりする木です。
植物の種類に関する用語

落葉樹とは?

落葉樹とは、秋になると葉を落とす特徴を持つ木のことです。落葉樹は、熱帯地方を除く世界中の温帯や亜寒帯に分布しています。落葉樹は、春に新芽を出し、夏に葉を茂らせ、秋になると葉を落とします。そして、冬になると休眠状態に入り、翌年の春に再び新芽を出します。 落葉樹の葉が秋になると落ちる理由は、冬になると気温が下がり、水分の供給が少なくなるためです。葉は水分を蒸散させる働きがありますが、冬になると気温が下がって水分の供給が少なくなるため、葉を落とすことで水分の蒸散を抑えて、冬を乗り越えるのです。 落葉樹には、さまざまな種類があり、それぞれに特徴的な葉の形や色をしています。例えば、桜は、春になると淡いピンク色の花を咲かせ、秋になると葉が紅葉します。イチョウは、秋になると葉が黄金色に染まります。ケヤキは、葉が大きく、秋になると葉が茶色くなります。 落葉樹は、私たちの生活にさまざまな恵みをもたらしています。落葉樹は、木材として利用され、建築資材や家具、紙などに加工されます。また、落葉樹は、果実や葉を食用として利用することもできます。さらに、落葉樹は、森や公園などの自然景観を形成し、私たちに憩いの場を提供しています。
植物の種類に関する用語

園芸の基礎知識 – 落葉樹の特徴と楽しみ方

-落葉樹とは?-  落葉樹とは、季節によって葉を落とす木のことです。葉が落ちる理由は、冬の寒い時期に葉が凍って傷まないようにするためです。落葉樹は、温帯や亜熱帯地域に広く分布しています。日本の落葉樹として代表的なのは、桜、紅葉、楓、イチョウなどです。  落葉樹は、四季折々の変化を楽しむことができます。春には新緑、夏には緑の葉、秋には紅葉、冬には雪景色など、季節ごとに違った表情を見せてくれます。また、落葉樹は、葉が落ちた後も枝や幹のフォルムが美しいので、冬でも楽しむことができます。  落葉樹を庭に植える際には、落葉した葉の処理を考慮する必要があります。落葉を放置しておくと、病害虫が発生したり、景観が悪くなったりします。そのため、落葉した葉は定期的に清掃することが大切です。また、落葉樹は、葉が落ちることで日当たりが良くなるので、日当たりの悪い場所には適していません。
育て方に関する用語

休眠枝ざしをマスター!増殖方法を徹底解説

-休眠枝ざしとは?- 休眠枝ざしとは、植物の生長が休止している休眠期(だいいたい11月〜3月頃)に枝を切り取って挿し木をする方法です。この方法では、挿し穂が休眠状態にあるため、発根するまでに時間がかかりますが、成功率が高いのが特徴です。 休眠枝ざしは、多くの木本植物で利用することができます。ただし、常緑樹は休眠期がないため、休眠枝ざしはできません。 休眠枝ざしを行うには、まず、健全な枝を切り取ります。切り取った枝は、長さが10〜15cm程度、太さが鉛筆ぐらいのものが適しています。切り取った枝は、葉をすべて取り除きます。 次に、切り取った枝を水に浸して、数時間から一晩放置します。これは、枝を水揚げして、発根を促すためです。 水揚げした枝は、挿し床に挿します。挿し床は、赤玉土やバーミキュライトなどの排水性の良い土に、ピートモスやパーライトを混ぜたものが適しています。 挿した枝は、日当たりの良い場所で管理します。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えます。 休眠枝ざしは、発根するまでに時間がかかりますが、成功率が高い方法です。木本植物を増やしたい方は、ぜひ挑戦してみてください。
育て方に関する用語

園芸用語「休眠」のしくみと特徴

園芸用語「休眠」とは、植物が実生や増殖に必要な種子を生産せず、生長を止めた、または極めて遅くなったという、動植物で起こる代謝停止、または低速な代謝のことを指します。この現象は、植物が越年、またはその他の環境のストレスを回避するために起こります。休眠は、休眠種子、休眠芽、休眠球根など、さまざまな方法で発生します。 すべての植物が休眠するわけではありません。常緑植物は、一年中緑の葉を保持する植物であり、休眠しません。ただし、落葉植物は、一年中に葉を落として休眠します。落葉植物は、秋に葉を落として冬の間は休眠し、春に葉を茂らせて活動を再開します。 休眠中は、植物は生長を停止し、呼吸や光合成が遅くなります。そのため、休眠中の植物は、通常よりも多くのストレス耐性と耐寒性を示します。休眠は、植物が越年、またはその他の環境のストレスを回避するために重要なしくみです。 休眠は、植物の生存に重要なしくみです。休眠することで、植物は冬の間の寒さや乾燥から身を守り、春に活動を再開することができるようになります。また、休眠は、植物が種子を分散させることにも役立ちます。種子の中には、休眠することで、何年も生存することができるものもあります。休眠することで、植物は、環境の変化に耐え、種を保存し、繁殖することができるのです。
育て方に関する用語

根巻き苗ってどんな苗?

根巻き苗とは、園芸では、鉢植えやプランターの中で育てられていた植物を、その根が鉢やプランターに巻き付いたままの状態のまま、新しい鉢やプランターに移し替え、育てる方法のことです。根巻き苗は、園芸店やホームセンターなどで販売されており、初心者でも簡単に育てることができます。根巻き苗は、鉢やプランターから抜くと、根が鉢やプランターに巻き付いているのがわかります。この根巻きをほぐして、新しい鉢やプランターに植え替えます。根巻き苗は、すでに鉢やプランターの中で育っているので、成長が早く、花や実をつけるのが早いです。また、根が鉢やプランターに巻き付いているので、水や肥料を吸収しやすいという特徴があります。
植物の種類に関する用語

常緑樹とは?特徴と種類を解説

-常緑樹とは何か- 常緑樹とは、一年を通して葉が緑色を保っている木のことです。常緑樹は、その特徴から、庭木や街路樹、公園の木などとして広く植えられています。 常緑樹は、落葉樹とは異なり、葉を落とすことがありません。そのため、一年を通して緑色を保ち、四季折々の美しさを楽しむことができます。また、常緑樹は、落葉樹に比べて、風に強く、日陰に強い傾向があります。 常緑樹の種類は、非常に多く、世界中に分布しています。日本でも、常緑樹は広く分布しており、マツ、スギ、ヒノキなど、おなじみの木々があります。