育苗床

育て方に関する用語

踏込温床 | 家庭菜園で苗作りに欠かせない育苗法

踏込温床(ふみこみおんしょう)とは、踏込温床とは、家庭菜園で苗作りに欠かせない育苗法の一つです。踏込温床は、地面に穴を掘り、そこに堆肥や落ち葉を入れて発酵させることで、熱を発生させて苗を育てる方法です。踏込温床は、苗を早く育てることができるため、寒い地域や、早く苗を育てたい場合に適しています。また、踏込温床は、苗を病害虫から守ることができるため、苗作りに適しています。
植栽に関する用語

園芸用語『定植』について

園芸用語『定植』とは、育苗された植物を最終的に植え付ける場所に移し替える作業のことです。この作業は、植物の成長にとって非常に重要で、適切な時期と方法で行うことで、植物の健全な生育を促すことができます。 定植する時期は、植物の種類や気候によって異なりますが、一般的には春や秋の涼しい時期に行われます。また、定植する場所も、植物の種類によって異なります。日当たりの良い場所を好む植物は、日当たりの良い場所に植える必要がありますし、水はけの良い場所を好む植物は、水はけの良い場所に植える必要があります。 定植する方法は、植物の種類や大きさによって異なります。小さな植物は、そのまま土に植えることができますが、大きな植物は、あらかじめ穴を掘ってから植える必要があります。また、植物を植える際には、根を傷つけないように注意する必要があります。 定植後は、植物に十分な水を与え、肥料を与える必要があります。また、病害虫の防除も大切です。これらの管理を適切に行うことで、植物の健全な生育を促すことができます。