管理

育て方に関する用語

育苗箱とは?使い方や作り方を解説します。

育苗箱の使い方 育苗箱は、種をまいて苗を育てるための容器です。大きさは、家庭用のものから、プロが使う大型のものまでさまざまあり、材質も、プラスチック製のもの、木製のもの、発泡スチロール製のものなどがあります。育苗箱を使うメリットは、種を均等にまくことができ、苗を管理しやすいことです。また、保温や保湿がしやすいので、種の発芽を促進させることができます。育苗箱の使い方を以下に示します。 1. 育苗箱に培養土を入れます。 2. 培養土に水をかけ、湿らせます。 3. 種を均等にまきます。 4. 種の上に薄く培養土をかけます。 5. 育苗箱にラップをかけ、保温保湿します。 6. 日当たりの良い場所に置きます。 7. 毎日、水やりをして、培養土を湿らせます。 8. 発芽したら、ラップを外します。 9. 本葉が2~3枚になったら、苗を定植します。
育て方に関する用語

「蔓おろし」とは?キュウリ栽培の知恵

キュウリの蔓おろしとは、キュウリの蔓を地上から1.5~2メートルほどの高さの場所に誘引して、上から吊るす栽培方法です。この方法は、キュウリをより多く収穫するために考案されました。キュウリの蔓は、地上を這うようにして生長する性質があります。そのため、キュウリの果実は地面に接してしまい、病害虫の被害を受けやすくなります。また、キュウリの果実は、地面に接していると、水分や養分の吸収がうまくいかず、小ぶりになりがちです。 蔓おろしを行うことで、キュウリの果実を地面から離すことができ、病害虫の被害や果実の品質低下を防ぐことができます。また、蔓を誘引することで、キュウリの株が風通しがよくなり、病気にかかりにくくなります。蔓おろしは、キュウリを栽培する上で、欠かせない作業です。
育て方に関する用語

園芸の用語「プラスチック鉢」とは?特徴や注意点を紹介

プラスチック -【園芸の用語「プラスチク・ポット」とは?特徴や注意点を解説】- 「プラスティク・ポット」とは、園芸で植物の生育に用いられる容器のこと。盆栽や觀賞植物、果実、野菜などの植物全般の生育に使用することができます。 -特徴軽量で、植物の根の成長を助ける。 プラスチク・ポットは、一般に軽量な材料であるため、植物がプラントを運搬したり、吊り下げたり、他の場所へ移動させたりするのに非常に役立ちます。さらに、プラスティク・ポットは、植物の根の成長を助ける通気口が通常ある。 -注意通気孔が十分にあり、土が蓄積されるのを避ける。 プラスティク・ポットの通気口は、土が蓄積されるのを防ぎ、根腐れを避けるのに役立ちます。土が蓄積されることで、根の成長が阻害されるため、植物が十分な量の酸素と水を受け取ることができなくなります。 -プラスティク・ポットは、植物の生育に適した材料が使用されています。 プラスティク・ポットの製造には、土、粘土、鏡、金属などのさまざまな材料が使用されています。これらの材料は、植物が健康に生育するのに適しています。 -プラスティク・ポットは、さまざまな植物の生育に使用できる。 プラスティク・ポットは、一般的な植物、野菜、果実の植物など、あらゆる植物の生育に適しています。プラスティク・ポットは、植物の根が十分に伸長するまで育つように十分に大きい必要があります。 -プラスティク・ポットは、さまざまな価格のものが用意されています。 プラスティク・ポットは、さまざまな価格のものがあります。植物の大きさと種類によって、プラスティク・ポットの価格も異なります。