窒素肥料

肥料に関する用語

石灰窒素とは?特徴と使い方を解説

石灰窒素の特徴は、肥料としての効果が高いことです。石灰窒素は、窒素肥料として広く使用されており、窒素分を多く含んでいます。窒素は植物の生長に欠かせない栄養素で、葉や茎、実の成長を促進します。また、石灰窒素は、土壌改良効果もあります。石灰窒素を土壌に施用すると、土壌の酸性度を下げ、アルカリ性にします。アルカリ性の土壌は、植物の生育に適しており、作物の収量を向上させることができます。さらに、石灰窒素には、除草効果もあります。石灰窒素を雑草に散布すると、雑草を枯らすことができます。これは、石灰窒素に含まれるカルシウムが、雑草の細胞を破壊するためです。
肥料に関する用語

園芸用語『硫安』を知る

硫安とは、硫酸アンモニウムの略称で、窒素と硫黄を多く含む無機化合物のことです。化学式は(NH4)2SO4で、アンモニアと硫酸を反応させて製造されます。硫安は、主に肥料として使用され、水稲や小麦などのイネ科作物や野菜に多く用いられます。また、畜産飼料にも使用されます。硫安は、水に溶けやすく、窒素と硫黄が速やかに植物体に吸収されるため、即効性のある肥料として知られています。硫安は、粒状や粉状のものが一般的ですが、液体状のものもある。液体状の硫安は、水に溶かして与えるため、散布しやすいのが特徴です。
育て方に関する用語

園芸用語『過繁茂』と対策

園芸用語『過繁茂』と対策 植物が過繁茂になると、成長が阻害されたり、病害虫が発生しやすくなったりと、さまざまな問題を引き起こすことがあります。過繁茂の原因としては、水やりや肥料の与えすぎ、剪定不足、病害虫の繁殖などがあります。 過繁茂の原因 過繁茂の原因として最も多いのは、水やりや肥料の与えすぎです。植物は、水や肥料を与えすぎると、必要以上に成長してしまいます。剪定不足も過繁茂の原因になります。剪定を怠ると、枝葉が混み合い、風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。また、病害虫の繁殖も過繁茂の原因になります。病害虫は、植物の弱った部分から侵入することが多く、過繁茂になると、病害虫が侵入しやすい状態になります。
病気に関する用語

うどんこ病とは?原因と対策を解説

うどんこ病とは、うどんこ菌による植物の病気です。世界中の多くの植物に感染し、日本国内でも広く分布しています。うどんこ病の症状は、葉や茎に白い粉状のかびが生えることです。 かびは次第に広がって、葉が枯れたり、実がつかなくなったりすることがあります。うどんこ病は、高温多湿を好みます。夏場や梅雨時期に発生しやすく、特に、日当たりの悪い場所や風通しの悪い場所での被害が大きくなります。 うどんこ病の原因は、うどんこ菌です。うどんこ菌は、空気中や土壌中に存在しており、植物の気孔から侵入します。 うどんこ菌が侵入すると、植物の組織内で菌糸を伸ばし、胞子を作ります。胞子は風や水で他の植物に運ばれ、新しいうどんこ病を発生させます。