硝酸

肥料に関する用語

園芸用語『脱窒現象』について

脱窒現象とは、酸素のない環境で微生物が硝酸塩を分解し、窒素ガスを発生させるプロセスです。この現象は、土壌や堆肥の嫌気的な分解(酸素のない環境での分解)によって引き起こされます。脱窒現象は、土壌の窒素含有量を減らし、植物の生育を妨げる可能性があります。また、大気中に放出された窒素ガスは、温室効果ガスとして働きます。 脱窒現象は、土壌の水分含量が高い、土壌の通気性が悪い、土壌のpHが低い、土壌の炭素含有量が高いなど、さまざまな条件下で起こります。脱窒現象を防ぐためには、土壌の水分含量を適正に保ち、土壌の通気性を良くし、土壌のpHを調整し、土壌の炭素含有量を減らすことが重要です。
肥料に関する用語

園芸の用語『硝酸化成作用』とは?

硝酸化成作用とは、アンモニアやアンモニウムイオンを硝酸イオンに変換する一連の生化学的プロセスです。このプロセスは、バクテリアや古細菌によって行われ、土壌や水中で起こります。硝酸化成作用は、植物が利用しやすい窒素の形である硝酸塩を生成するため、生態系において重要な役割を果たしています。 硝酸化成作用は、主に2段階のプロセスです。第1段階は、アンモニアの酸化であり、これは硝酸化細菌によって行われます。硝酸化細菌は、アンモニアを亜硝酸塩に変換します。第2段階は、亜硝酸塩の酸化であり、これは亜硝酸化細菌によって行われます。亜硝酸化細菌は、亜硝酸塩を硝酸塩に変換します。 硝酸化成作用は、土壌のpH、温度、湿度に影響を受けます。硝酸化成作用は、土壌のpHが中性からアルカリ性のときに最も速く起こります。硝酸化成作用は、土壌の温度が20〜30℃のときに最も速く起こります。硝酸化成作用は、土壌の湿気が多いときに最も速く起こります。
土に関する用語

園芸を知る『酸化分解』

大見出し「園芸を知る『酸化分解』」 小見出し「酸化分解とは何か」 酸化分解とは、微生物によって有機物を分解する過程のことを指します。この過程では、酸素が有機物と反応して二酸化炭素と水に分解されます。酸化分解は、自然界において重要な役割を果たしており、土壌中の有機物を分解して植物が利用できる栄養素を供給する役割を担っています。また、酸化分解は、堆肥化の過程でも重要な役割を果たしており、堆肥中の有機物を分解して植物が利用できる栄養素を供給する役割を担っています。