植物の種類に関する用語

園芸の用語『冬芽』について

冬芽とは、樹木や草本において、秋から冬の間、休眠状態にある植物体の一部分のことです。冬の間、植物は成長を停止し、根や茎の中でエネルギーを蓄えます。冬芽は、このエネルギーを蓄えた部分で、春になると成長を再開します。 冬芽は、植物の種類によって、その形状や大きさは異なります。一般的に、冬芽は小さく、鱗片で覆われています。鱗片は、冬芽を乾燥や寒さから守る働きがあります。また、冬芽の中には、葉の原基や花の原基が収納されています。 冬芽は、植物の成長にとって重要な役割を果たしています。冬芽がなければ、植物は冬の間、生き延びることができません。また、冬芽は、春になると成長を再開し、新しい葉や茎を伸ばします。
植物の種類に関する用語

腺毛について

腺毛とは、ある種の動物や植物に見られる組織で、分泌物を生成する細胞からなる突起物です。分泌物は、接着剤、潤滑油、保護剤、またはその他の機能を果たす可能性があります。腺毛は、単細胞または多細胞であり、表面に分布したり、組織の奥深くまで伸びたりすることがあります。 動物では、腺毛は汗、涙、油などの分泌物を生成します。これらの分泌物は、体を冷却したり、保護したり、感染から守ったりするのに役立ちます。また、腺毛は、ホルモンや酵素などの化学物質を分泌することもあります。 植物では、腺毛は水、塩、または油などの分泌物を生成します。これらの分泌物は、植物を乾燥から保護したり、捕食者から守ったり、他の植物との競争において有利になるのに役立ちます。また、腺毛は、花粉や種子を散布するのに役立つこともあります。