殺虫剤

害虫に関する用語

浸透移行性とは?農薬の新しい使い方を解説

浸透移行性とは、農薬が植物の表面から侵入し、内部に移動する性質のことです。農薬の浸透移行性によって、農薬は植物の内部組織まで到達することができ、植物を病気や害虫から守ることができます。浸透移行性農薬は、葉面散布や土壌灌注などによって植物に施用されます。葉面散布された農薬は、植物の葉から浸透し、内部組織に移動します。土壌灌注された農薬は、植物の根から吸収され、内部組織に移動します。浸透移行性農薬は、害虫や病原菌を直接駆除するだけでなく、植物の成長を促進したり、病害虫に対する抵抗力を高めたりする効果もあります。
その他の用語

園芸用語『AL剤』の意味と使い方

AL剤とは、植物の成長を促進する薬剤のことです。ALは、アンチ・ lodging(倒伏防止)の略であり、植物を強靭に育て、倒れにくくする効果があります。また、AL剤には、根張りを促進する効果や、病害虫の発生を抑制する効果もあります。AL剤は、水稲や小麦などのイネ科作物や、果樹、野菜、花卉など、幅広い作物に使用されています。AL剤を使用することで、作物の収量を増やし、品質を向上させることができます
病気に関する用語

粒剤について

粒剤とは、粉状の農薬を小さな粒状に加工したものです。粒剤は、水に溶けずにそのまま土壌中に散布することができ、持続性があるという特徴があります。粒剤は、土壌害虫の防除や、根から吸収される除草剤として使用されます。粒剤は、粉剤よりも散布が容易で、水溶液よりも持続性があるという利点があります。しかし、粒剤は、粉剤よりも粒子が大きく、吸入しやすいという欠点もあります。
害虫に関する用語

園芸の害虫→ 知っておきたい害虫の種類とその対処法

害虫とは、人間にとって不利益をもたらし、生活を脅かす動物のことです。その種類は多く、世界中には数百万種が存在します。 害虫は、作物を食い荒らすことで農業に大きな被害を与え、家畜に寄生することで畜産業にも損害を与えます。また、人を刺したり、血を吸ったりすることで、人々の健康被害をもたらすこともあります。 害虫は、大きく分けて昆虫、ダニ、クモ、サソリ、ムカデ、トビムシ、ミミズ、カタツムリなどの種類に分類されます。 昆虫は、最も種類が多く、世界中には約100万種が分布しています。ダニは、非常に小さく、肉眼では見えないこともあります。クモは、糸を張って網を作り、そこに獲物を捕らえます。サソリは、毒針を持っており、人を刺します。ムカデは、長い体と多くの足を持っており、人を噛みます。トビムシは、小さな虫で、ジャンプをすることができます。ミミズは、土の中に生息し、有機物を分解します。カタツムリは、殻を持っており、ゆっくりと移動します。
害虫に関する用語

タバココナジラミとは?駆除や被害対策を紹介

タバココナジラミは、タバコ、ナス、トマトなどのアブラナ科の植物を食害する害虫です。体長は1~2mmほどで、白い粉のような分泌物で覆われています。成虫になると2~3週間の寿命であり、その間に数百個の卵を産みます。卵は2~3日で孵化し、幼虫は葉の裏に寄生して植物の汁を吸います。幼虫は4~5回の脱皮を繰り返し、約2週間で成虫になります。 タバココナジラミは、植物の生長を阻害したり、病気を媒介したりします。また、分泌物によって葉が白く汚れたり、べたついたりして商品の価値を下げることもあります。
害虫に関する用語

園芸の用語『エアゾール』の意味と使い方

エアゾールとは? エアゾールとは、微細な固体粒子または液体粒子が気体中に浮遊した状態のことをいいます。エアゾールは、自然界にも人工的に作られたものにも存在します。自然界では、海からの水しぶきや火山灰、花粉などがエアゾールの一種です。人工的には、スプレー缶やエアゾール式の殺虫剤、塗料などがエアゾールを発生させます。エアゾールは、粒子の大きさが0.1~100マイクロメートルと非常に小さく、空気中に長時間浮遊することができます。そのため、エアゾールは、長距離を移動して大気汚染を引き起こしたり、人間の健康に悪影響を及ぼしたりすることがあります。
病気に関する用語

園芸用語『乳剤』

乳剤とは、水と油を混ぜて作られた液体のことです。水と油は本来混ざり合わない性質がありますが、乳化剤を加えることで混ざり合うようになります。乳化剤は、水と油の表面張力を下げて、互いに混ざりやすくする働きがあります。乳剤は、水の中に油を分散させた「油分散乳剤」と、油の中に水を分散させた「水分散乳剤」の2種類に分類されます。園芸の世界で使用される乳剤は、いずれも油分散乳剤です。乳剤は、水に比べて油に溶ける薬剤を分散させるのに適しています。例えば、殺虫剤や殺菌剤の中には、水に溶けにくいものがあります。このような薬剤を水で希釈して散布すると、薬剤が水に溶けずに固まってしまい、散布の効果が得られません。そこで、乳剤を使用することで、薬剤を水に分散させて均一に散布することができるのです。また、乳剤は水に比べて粘度が高いため、葉や茎に付着しやすく、薬剤の効果が持続することが特徴です。
その他の用語

乳剤とは?園芸用語を理解して薬剤を正しく使う

乳剤とは薬剤を水に細かく分散させたもので、水と油を混ぜ合わせる際に添加する薬剤です。乳化剤と呼ばれる薬剤を加えることで、水と油を均一に分散させ、安定した状態を保つことができます。乳剤は、水溶性の薬剤と油溶性の薬剤を混ぜ合わせることで、どちらの薬剤の性質も活かすことができます。 乳剤の特徴の一つは、水と油を混ぜ合わせることで、薬剤を均一に分散させることができることです。これにより、薬剤が植物の表面に均一に付着し、薬効を十分に発揮することができます。また、乳剤は、水溶性の薬剤と油溶性の薬剤を混ぜ合わせることで、どちらの薬剤の性質も活かすことができます。水溶性の薬剤は、水に溶けやすい性質を利用して、葉の表面に付着させたり、土壌に浸透させたりすることができます。油溶性の薬剤は、油に溶けやすい性質を利用して、昆虫の体表に付着させたり、植物の組織に浸透させたりすることができます。 乳剤は、園芸において、病害虫の駆除や病気の予防などに広く使用されています。乳剤を使用する際には、薬剤のラベルに記載されている使用方法を遵守することが大切です。薬剤の種類や使用目的によって、薬剤の希釈倍率や散布方法などが異なるため、ラベルをよく読んで正しく使用しましょう。
肥料に関する用語

園芸の用語『濃度障害』について

-濃度障害とは何か?- 濃度障害とは、肥料や農薬を適切な濃度で使用しないことで、植物に障害が生じることです。障害の程度は、濃度の強さと植物の種類によって異なります。肥料の場合は、濃度が強すぎると根を傷つけたり、葉を焼いたりすることがあります。農薬の場合は、濃度が強すぎると薬害が発生し、植物が枯れてしまうこともあります。また、肥料や農薬を適切に使用しても、植物の種類によっては濃度障害を起こす場合があります。 濃度障害を防ぐためには、肥料や農薬を適切な濃度で使用することが大切です。肥料の場合は、パッケージに記載されている使用方法を必ず守ってください。農薬の場合は、農薬登録票に記載されている使用方法を必ず守ってください。また、植物の種類によっては濃度障害を起こしやすいため、事前に調べておくことが大切です。
病気に関する用語

園芸の基礎知識:殺虫剤とは?

殺虫剤とは? 殺虫剤とは、昆虫やその他の節足動物を駆除するために使用される化学物質のことです。農業や家庭の害虫駆除、公共衛生の分野で使用されています。殺虫剤は、昆虫の神経系や生殖器系を標的にして作用し、昆虫の死滅や不妊化を引き起こします。 殺虫剤の役割 殺虫剤は、害虫による被害から農作物や家畜を守るために重要な役割を果たしています。また、害虫が媒介する病気の蔓延を防ぐためにも使用されています。さらに、殺虫剤は、家庭や公共施設における害虫の駆除にも使用されています。
害虫に関する用語

浸透移行性剤とは?効果と使い方を解説

浸透移行性剤は、植物組織に侵入して拡散し、病害虫を駆除する薬剤です。 浸透移行性剤は、葉や茎から吸収され、植物体内に移動します。 移動した薬剤は、病害虫を駆除し、植物を保護します。 浸透移行性剤は、水和剤、乳剤、油剤などの剤型があり、噴霧、灌注、土壌処理などの方法で施用されます。 浸透移行性剤は、アブラムシ、ハダニ、カイガラムシ、アザミウマなどの害虫や、うどんこ病、さび病、灰色かび病などの病気を防除するのに効果があります。 浸透移行性剤は、植物体内を移動するため、薬剤が雨や風で洗い流される心配はありません。 また、浸透移行性剤は、病害虫に直接触れなくても効果を発揮するため、薬剤がかかりにくい場所にいる病害虫にも効果があります。