機械化

育て方に関する用語

省力栽培とは?メリットや導入方法を解説

省力栽培とは? 省力栽培とは、生産者の労働力を軽減することによって、コスト削減や生産性を向上させる農業技術のことです。省力栽培には、機械や ICT(情報通信技術)を活用した農業機械、ドローンやセンサを利用したスマート農業、コスト削減や生産性を向上させる新たな農業技術など、さまざまな方法があります。省力栽培によって、農業生産者の負担を軽減し、農業をより持続可能な産業としていくことが期待されています。また、省力栽培は、農業生産者にとって、労働時間の短縮や収入の増加など、さまざまなメリットをもたらします。
ガーデニングに関する用語

施設園芸とは?基礎知識やメリット、種類を解説

施設園芸とは、ビニールハウス、温室、トンネルなどの被覆資材や設備を活用して、作物の生育環境を制御し、周年出荷や高品質な生産を実現する栽培方法です。露地栽培と比べ、気候条件に左右されにくく、品質や収量の安定化を図ることができます。施設園芸の起源は古く、紀元前8000年頃にさかのぼると言われています。当時は、作物を寒冷な気候から守るために、動物の皮や毛布などを利用して簡易な被覆資材が用いられていました。その後、17世紀頃になると、ヨーロッパでガラス製の温室が登場し、19世紀には鉄骨フレームを使った温室が開発されました。 日本では、19世紀後半に、欧米から温室の技術が導入され、施設園芸が本格的に始まりました。当時は、主に花卉や野菜の生産が行われていましたが、現在では、果物や穀物など、さまざまな作物が生産されています。施設園芸のメリットは、気候条件に左右されずに安定した生産ができること、品質の高い作物を生産できること、周年出荷が可能になることなどがあります。また、施設園芸は、農家の所得向上や地域活性化にも貢献しています。