植え方

育て方に関する用語

根張りって何? 園芸用語をわかりやすく解説

根張りとは、植物の根がどのように地面に生えているかを示す言葉です。根張りがしっかりしている植物は、倒れたり、病気になったりしにくく、育ちも良く、丈夫な植物になります。一般的に、根張りが良くない植物は、地面に浅く根を張っているか、根が弱く、土中にしっかりと固定されていないことが多いです。 根張りにはいくつかのタイプがあります。最も一般的なのは、垂直根張りです。これは、根が地面に向かって垂直に伸びるタイプです。もう一つは、水平根張りです。これは、根が地面と平行に伸びるタイプです。そして、浅根性は、根が地表近くに広がるタイプです。
植栽に関する用語

園芸の用語『条植え』の意味とやり方

条植えとは、種を直線状にまく方法です。この方法は、種を均一にまくことができ、発芽率を高めることができます。条植えは、野菜や花の種まきによく用いられます。種をまく前に、まずは土を耕して平らにならします。次に、種をまく位置に溝を作ります。溝の深さは、種の種類によって異なります。種をまいたら、土をかぶせて軽く押さえつけます。水やりをしたら、発芽するまで待ちます。条植えは、種を均一にまくことができ、発芽率を高めることができるので、初心者にもおすすめです。