条まき

育て方に関する用語

条まきというタネまきの方法とは?

条まきとは、タネを一定の間隔で一条にまいていくタネまきの方法です。 手作業で行う場合は、あらかじめ定規などで条間(タネをまいた後の畝の間隔)を決めて溝を作り、そこにタネをまいていきます。条まきのメリットは、株間(個々の株の間隔)が均等になり、風通しや日当たりが良くなることです。また、タネが重なることが少なくなり、発芽率が高くなります。条まきは、野菜や花卉など、さまざまな植物に適しています。特に、発芽率の低いタネや、苗の成長が早い植物を条まきにすることで、発芽率を高めたり、苗の成長を促したりすることができます。
育て方に関する用語

種まきの方法を徹底解説!

播種とは? 種まきとは、種を蒔く行為のことです。種まきには、さまざまな方法があり、播種方法によって、発芽率や生育に違いが生じます。播種方法には、直播き、条播き、点播き、混播きなどがあり、作物や種の種類、栽培環境によって適した方法が異なります。 直播きとは、畑や田んぼに直接種を蒔く方法です。直播きは、省力化が図れるというメリットがありますが、雑草が生えやすく、発芽率が低くなるというデメリットもあります。条播きとは、畑や田んぼに溝を作り、その溝に種を蒔く方法です。条播きは、直播きよりも発芽率が高く、雑草が生えにくいというメリットがありますが、直播きよりも手間がかかります。 点播きとは、畑や田んぼに穴を掘り、その穴に種を蒔く方法です。点播きは、条播きよりも発芽率が高く、雑草が生えにくいというメリットがありますが、直播きや条播きよりも手間がかかります。混播きとは、畑や田んぼに複数の種類の種を混ぜて蒔く方法です。混播きは、作物の生育を促進したり、連作障害を予防したりするというメリットがありますが、発芽率が低くなるというデメリットもあります。