断根

育て方に関する用語

園芸で知っておきたい専門用語『ブロッキング』について

「ブロッキング」とは、園芸用語で、土壌が硬く締め固まり、水や空気の流れが悪くなる状態のことです。ブロック状に分かれてひび割れが起きる状態を指し、ひどいブロッキングが起こると、植物の根が呼吸できなくなって枯れてしまいます。 ブロッキングの原因には、土壌の圧縮や、水やりのしすぎ、堆肥などの有機物の入れすぎなどがあります。また、土壌の成分にもより、粘土質の土壌はブロッキングが起こりやすいです。 ブロッキングを防ぐためには、土壌を耕して柔らかくしたり、水はけを良くしたり、堆肥などを入れすぎないようにしたりする必要があります。また、土壌の成分に問題がある場合は、土壌改良材などを使用して改善する必要があります。
育て方に関する用語

園芸の用語『断根』で立派な苗木を育てよう

園芸の用語「断根」とは、植物の根の一部を切るということです。これは、植物の成長を促進したり、形を整えたり、病気を予防したりするために役立ちます。断根は、成長期に植物が活発に成長しているときに行うのが最適です。植物の根は、一般的に、土壌中で水平に広がっています。断根は、この水平に広がった根の一部を切ることによって行います。断根は、植物の根を傷つけないように注意しながら、鋭利なナイフやハサミを使って行う必要があります。また、断根後には、植物に十分な水と肥料を与えて、成長を促進する必要があります。