形態分類

植物の種類に関する用語

APG分類とは?従来の分類法と何が違う?

APG分類とは、被子植物の系統分類のための分類法の一種です。従来の分類法は、主に形態的な特徴に基づいていました。しかし、APG分類は、分子系統学的な研究結果に基づいており、より自然な系統関係を反映しているとされています。 APG分類は、被子植物を14の目、64の科、約415の属、25万種に分類しています。この分類は、2003年に発表され、その後、新しい研究結果に基づいて何度か改訂されています。最新の改訂版は、2016年に発表されました。 APG分類は、従来の分類法と大きく異なる点がいくつかあります。その一つは、被子植物を単子葉類と双子葉類の2つのグループに分けるという従来の分類法を廃止したことです。APG分類では、被子植物は、単子葉植物、真正双子葉植物、その他の双子葉植物の3つのグループに分かれています。 もう一つの大きな違いは、APG分類では、科の分類をより細かくしたことです。従来の分類法では、科は、形態的な特徴に基づいて分類されていました。しかし、APG分類では、分子系統学的な研究結果に基づいて、科をより細かく分類しています。これにより、より自然な系統関係を反映することができるようになりました。