弱酸性

土に関する用語

園芸の用語『酸度調整』について

園芸の用語『酸度調整』について 酸度調整とは何か 酸度調整とは、植物の生育に適した土壌の酸度(pH)に調整することです。酸度は、土壌中の水素イオン濃度を表す数値で、0~14の範囲で表されます。pH7が中性で、それより低いと酸性、高いとアルカリ性となります。 植物は、それぞれ生育に適したpHがあります。例えば、ブルーベリーは酸性土壌を好み、バラは中性~アルカリ性の土壌を好みます。土壌のpHが適していないと、植物は栄養素をうまく吸収できず、生育不良になります。 酸度調整は、土壌のpHを調整することで、植物の生育を促進します。酸性土壌を中性~アルカリ性にするには、石灰を施用します。アルカリ性土壌を酸性にするには、硫黄を施用します。 酸度調整を行う際には、土壌のpHを測定することが大切です。土壌のpHを測定するには、土壌分析キットを使用します。土壌分析キットは、ホームセンターなどで販売されています。
土に関する用語

園芸の用語『土壌酸度』とは?

「土壌酸度」とは、土壌の性質を示す指標のひとつで、土壌がどれくらい酸性か、アルカリ性かを表しています。土壌酸度は、pH値で表され、0~14の範囲で数値が低いほど酸性が強く、数値が高いほどアルカリ性が強くなります。 通常、土壌酸度はpH5.5~6.5の間が適正とされています。この範囲では、土壌中の養分が植物に吸収されやすく、微生物が活発に活動することができます。しかし、土壌酸度が適正範囲から外れると、植物の生育や微生物の活動に悪影響を及ぼす場合があります。 土壌酸度が高すぎる場合、植物の根が養分を吸収しにくくなり、生育不良を起こすことがあります。また、微生物の活動が抑制され、土壌の分解能が低下します。 土壌酸度が低すぎる場合、アルミニウムやマンガンなどの金属元素が溶出し、植物の生育に悪影響を及ぼすことがあります。また、土壌中のリンや鉄が固定され、植物が吸収しにくくなります。
土に関する用語

真砂土について知ろう

-# 真砂土とは 真砂土とは、粒子の細かい砂のことで、主に石英や長石から構成されており、塩や硫黄などの不純物が少ないことが特徴です。真砂土は、河川や海岸に堆積していることが多く、一般的に白っぽい色をしています。また、真砂土は、粘度が低く、水や空気をよく通す性質を持っています。真砂土は、古くから建築材料として使用されており、土壁や漆喰の材料として用いられています。また、真砂土は、ゴルフコースのバンカーや、ガーデニングの用土としても使用されています。
土に関する用語

園芸用語:pHとは?

pHとは? pHとは、物質の酸性度、アルカリ性を示す尺度です。0から14までの数値で表され、7が中性、0-6.9が酸性、7.1-14がアルカリ性となります。一般的に、植物の生育に適したpHは6.0~7.0と言われています。酸性度やアルカリ度が強すぎると、植物の生育が阻害されてしまいます。また、pHは土壌の性質や、水質などによっても異なりますので、植物を育てる際には、その植物の生育に適したpHを把握することが大切です。