広葉樹

植物の種類に関する用語

落葉樹とは?

落葉樹とは、秋になると葉を落とす特徴を持つ木のことです。落葉樹は、熱帯地方を除く世界中の温帯や亜寒帯に分布しています。落葉樹は、春に新芽を出し、夏に葉を茂らせ、秋になると葉を落とします。そして、冬になると休眠状態に入り、翌年の春に再び新芽を出します。 落葉樹の葉が秋になると落ちる理由は、冬になると気温が下がり、水分の供給が少なくなるためです。葉は水分を蒸散させる働きがありますが、冬になると気温が下がって水分の供給が少なくなるため、葉を落とすことで水分の蒸散を抑えて、冬を乗り越えるのです。 落葉樹には、さまざまな種類があり、それぞれに特徴的な葉の形や色をしています。例えば、桜は、春になると淡いピンク色の花を咲かせ、秋になると葉が紅葉します。イチョウは、秋になると葉が黄金色に染まります。ケヤキは、葉が大きく、秋になると葉が茶色くなります。 落葉樹は、私たちの生活にさまざまな恵みをもたらしています。落葉樹は、木材として利用され、建築資材や家具、紙などに加工されます。また、落葉樹は、果実や葉を食用として利用することもできます。さらに、落葉樹は、森や公園などの自然景観を形成し、私たちに憩いの場を提供しています。
植物の種類に関する用語

広葉樹とは〜園芸の用語〜

広葉樹とは〜園芸の用語〜 広葉樹とは? 広葉樹とは、葉が比較的大きく、平べったい葉をしている木の総称です。葉脈が網状に広がっており、葉の縁がギザギザになっているのが特徴です。広葉樹は、主に温帯から熱帯地域に分布しています。多くは常緑樹ですが、一部落葉樹も存在します。 広葉樹は、木材として利用されることが多く、家具や建築材料などに使用されています。また、果実や種子をつける種類もあり、食用や薬用として利用されています。
植物の種類に関する用語

常緑樹とは?特徴と種類を解説

-常緑樹とは何か- 常緑樹とは、一年を通して葉が緑色を保っている木のことです。常緑樹は、その特徴から、庭木や街路樹、公園の木などとして広く植えられています。 常緑樹は、落葉樹とは異なり、葉を落とすことがありません。そのため、一年を通して緑色を保ち、四季折々の美しさを楽しむことができます。また、常緑樹は、落葉樹に比べて、風に強く、日陰に強い傾向があります。 常緑樹の種類は、非常に多く、世界中に分布しています。日本でも、常緑樹は広く分布しており、マツ、スギ、ヒノキなど、おなじみの木々があります。
植物の種類に関する用語

園芸の基礎知識 – 落葉樹の特徴と楽しみ方

-落葉樹とは?-  落葉樹とは、季節によって葉を落とす木のことです。葉が落ちる理由は、冬の寒い時期に葉が凍って傷まないようにするためです。落葉樹は、温帯や亜熱帯地域に広く分布しています。日本の落葉樹として代表的なのは、桜、紅葉、楓、イチョウなどです。  落葉樹は、四季折々の変化を楽しむことができます。春には新緑、夏には緑の葉、秋には紅葉、冬には雪景色など、季節ごとに違った表情を見せてくれます。また、落葉樹は、葉が落ちた後も枝や幹のフォルムが美しいので、冬でも楽しむことができます。  落葉樹を庭に植える際には、落葉した葉の処理を考慮する必要があります。落葉を放置しておくと、病害虫が発生したり、景観が悪くなったりします。そのため、落葉した葉は定期的に清掃することが大切です。また、落葉樹は、葉が落ちることで日当たりが良くなるので、日当たりの悪い場所には適していません。