常緑樹

植物の種類に関する用語

広葉樹とは〜園芸の用語〜

広葉樹とは〜園芸の用語〜 広葉樹とは? 広葉樹とは、葉が比較的大きく、平べったい葉をしている木の総称です。葉脈が網状に広がっており、葉の縁がギザギザになっているのが特徴です。広葉樹は、主に温帯から熱帯地域に分布しています。多くは常緑樹ですが、一部落葉樹も存在します。 広葉樹は、木材として利用されることが多く、家具や建築材料などに使用されています。また、果実や種子をつける種類もあり、食用や薬用として利用されています。
植物の種類に関する用語

落葉樹とは?

落葉樹とは、秋になると葉を落とす特徴を持つ木のことです。落葉樹は、熱帯地方を除く世界中の温帯や亜寒帯に分布しています。落葉樹は、春に新芽を出し、夏に葉を茂らせ、秋になると葉を落とします。そして、冬になると休眠状態に入り、翌年の春に再び新芽を出します。 落葉樹の葉が秋になると落ちる理由は、冬になると気温が下がり、水分の供給が少なくなるためです。葉は水分を蒸散させる働きがありますが、冬になると気温が下がって水分の供給が少なくなるため、葉を落とすことで水分の蒸散を抑えて、冬を乗り越えるのです。 落葉樹には、さまざまな種類があり、それぞれに特徴的な葉の形や色をしています。例えば、桜は、春になると淡いピンク色の花を咲かせ、秋になると葉が紅葉します。イチョウは、秋になると葉が黄金色に染まります。ケヤキは、葉が大きく、秋になると葉が茶色くなります。 落葉樹は、私たちの生活にさまざまな恵みをもたらしています。落葉樹は、木材として利用され、建築資材や家具、紙などに加工されます。また、落葉樹は、果実や葉を食用として利用することもできます。さらに、落葉樹は、森や公園などの自然景観を形成し、私たちに憩いの場を提供しています。
植物の種類に関する用語

常緑樹とは?特徴と種類を解説

-常緑樹とは何か- 常緑樹とは、一年を通して葉が緑色を保っている木のことです。常緑樹は、その特徴から、庭木や街路樹、公園の木などとして広く植えられています。 常緑樹は、落葉樹とは異なり、葉を落とすことがありません。そのため、一年を通して緑色を保ち、四季折々の美しさを楽しむことができます。また、常緑樹は、落葉樹に比べて、風に強く、日陰に強い傾向があります。 常緑樹の種類は、非常に多く、世界中に分布しています。日本でも、常緑樹は広く分布しており、マツ、スギ、ヒノキなど、おなじみの木々があります。
植栽に関する用語

トピアリーとは? 特徴と作り方を Garden DIY

トピアリーとは、フレームに植物を植え付けて様々な形に仕立てた立体的な造形物のことです。フランス語の「トピア」という言葉に由来しており、庭園芸術の一種として古くから親しまれてきました。 街路樹や公園、庭園などで見かけることが多く、動物や幾何学模様など、そのバリエーションは様々です。トピアリーの作り方には、大きく分けて2つの方法があります。 1つ目は、植物をフレームに誘引して仕立てる方法です。この方法では、あらかじめ用意したフレームに植物を植え付けて、フレームの形に合わせて植物を誘引していきます。植物が成長するにつれて、次第にフレームの形に仕立てられていきます。 2つ目は、植物を刈り込んで形を整える方法です。この方法では、あらかじめ植えられた植物を刈り込んで、フレームの形に合わせて形を整えていきます。植物の成長速度に合わせて、定期的に刈り込みを行う必要があります。 トピアリーは、初心者でも比較的簡単に作ることができるので、ガーデニングの入門編として人気があります。また、トピアリーは、玄関先やリビング、ベランダなど、様々な場所に飾ることができるのも魅力です。