存在比率

肥料に関する用語

園芸の用語『ppm』を理解しよう

園芸の用語「ppm」を理解しよう ppmとは何か ppmとは、parts per million(百万分率)の略で、100万分の1の割合を示す単位です。園芸においては、土壌や培養液中の養分濃度を表す際に使用されます。例えば、ppm100とは、100万分の100、つまり1万分の1の養分濃度があることを意味します。 ppmの単位は、養分濃度の測定に使用されることが多いですが、他の目的にも使用される場合があります。例えば、大気中の汚染物質の濃度や、水中の塩分濃度を表すためにも使用されます。 ppmを理解することは、園芸において適切な養分管理を行うために重要です。養分濃度が高すぎると、植物の成長が阻害されることがありますが、低すぎても、植物の成長が遅くなったり、枯れてしまったりすることがあります。 ppmを測定するためには、市販のppm測定器を使用することができます。ppm測定器は、土壌や培養液にプローブを差し込むだけで、養分濃度を測定することができます。 ppmの単位は、園芸において養分濃度を表す際に使用されることが多いですが、他の目的にも使用される場合があります。ppmを理解することは、園芸において適切な養分管理を行うために重要です。