地上部

育て方に関する用語

園芸用語「休眠」のしくみと特徴

園芸用語「休眠」とは、植物が実生や増殖に必要な種子を生産せず、生長を止めた、または極めて遅くなったという、動植物で起こる代謝停止、または低速な代謝のことを指します。この現象は、植物が越年、またはその他の環境のストレスを回避するために起こります。休眠は、休眠種子、休眠芽、休眠球根など、さまざまな方法で発生します。 すべての植物が休眠するわけではありません。常緑植物は、一年中緑の葉を保持する植物であり、休眠しません。ただし、落葉植物は、一年中に葉を落として休眠します。落葉植物は、秋に葉を落として冬の間は休眠し、春に葉を茂らせて活動を再開します。 休眠中は、植物は生長を停止し、呼吸や光合成が遅くなります。そのため、休眠中の植物は、通常よりも多くのストレス耐性と耐寒性を示します。休眠は、植物が越年、またはその他の環境のストレスを回避するために重要なしくみです。 休眠は、植物の生存に重要なしくみです。休眠することで、植物は冬の間の寒さや乾燥から身を守り、春に活動を再開することができるようになります。また、休眠は、植物が種子を分散させることにも役立ちます。種子の中には、休眠することで、何年も生存することができるものもあります。休眠することで、植物は、環境の変化に耐え、種を保存し、繁殖することができるのです。
育て方に関する用語

園芸の基礎知識:T / R率とは?

園芸の基礎知識T/R率とは? -T/R率とは何か- T/R率とは、植物の茎に含まれるトリコーム(毛)の密度のことです。トリコームは、植物を乾燥から保護し、害虫や病気から守る役割を果たしています。T/R率が高い植物は、乾燥や害虫、病気に対して強い傾向があります。 T/R率は、植物の品種や生育環境によって異なります。一般的に、乾燥地帯に生息する植物は、湿潤地帯に生息する植物よりもT/R率が高いです。また、日光を多く受ける植物は、日陰で育つ植物よりもT/R率が高いです。 T/R率は、植物の健康状態を知る指標として利用することができます。T/R率が低い植物は、乾燥や害虫、病気の影響を受けやすいため、注意が必要です。T/R率が高い植物は、乾燥や害虫、病気に対して強い傾向がありますが、それでも注意が必要です。