吸収

肥料に関する用語

尿素について

尿素とは何か? 尿素は、有機化合物の一種で、化学生式はCO(NH2)2で示されます。尿素は、窒素と炭素を多く含む化合物の総称であるアミドの一種です。アミドは、アンモニアとカルボン酸が反応して生成される化合物ですが、尿素は、アンモニアと炭酸ガスが反応して生成されます。 尿素は、無味無臭の結晶で、冷水に溶け、他の溶媒にも溶解します。尿素は、尿中に含まれている物質として知られており、尿素の濃度は、たんぱく質の摂取量や腎機能の低下に影響されます。尿素は、尿中に排泄されるだけでなく、皮膚や肺からも排泄されます。 尿素は、肥料や化学工業の原料として使用されます。尿素は、窒素を多く含んでいることから、肥料として使用すると、植物の生育を促すことができます。また、尿素は、樹脂や接着剤の原料として使用されます。 尿素は、人体にも存在する物質ですが、過剰に摂取すると、尿素中毒を引き起こすことがあります。尿素中毒は、食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢などの症状を引き起こします。尿素中毒は、尿毒症や腎不全などの重篤な疾患を併発することがあります。
肥料に関する用語

アンモニア態窒素とは?植物への効果と注意点

アンモニア態窒素とは、アンモニアイオンの形で存在する窒素のことです。土壌中のアンモニア態窒素は、微生物によって硝酸態窒素と亜硝酸態窒素に変換され、植物が取り込みやすい形になります。アンモニア態窒素は、植物の生育に欠かせない栄養素であり、タンパク質や葉緑素の合成に大きく関与しています。また、アンモニア態窒素が不足すると、植物は弱くなり、病気や害虫にやられやすくなってしまいます
肥料に関する用語

硝酸態窒素が与える園芸への影響

硝酸態窒素は、植物にとって重要な栄養素である窒素の一種です。植物は、硝酸態窒素を吸収してタンパク質や葉緑素を合成し、成長を促進させます。しかし、過剰な硝酸態窒素は植物に悪影響を与えることもあります。 硝酸態窒素過剰になると、植物は徒長しやすくなり、葉や茎が柔らかくなります。また、花芽が形成されにくくなり、結実率が低下します。さらに、硝酸態窒素過剰は、植物を病気や害虫に弱くする原因にもなります。 硝酸態窒素が植物に与える悪影響を避けるためには、肥料の与えすぎに注意する必要があります。また、水はけの良い土壌で植物を育てることも大切です。水はけの悪い土壌では、硝酸態窒素が蓄積しやすく、植物に悪影響を与えやすくなります。
肥料に関する用語

園芸の用語『選択吸収の作用』について

園芸の用語『選択吸収の作用』について 園芸で「選択吸収の作用」という用語をよく耳にします。これは、植物が土壌や空気中から必要な栄養素や水分を選択して吸収する働きを指します。植物は、根から土壌中の水分や栄養分を吸収し、葉から空気中の二酸化炭素と水を吸収します。植物は、それらの栄養素や水分を光合成や呼吸などの生命活動に利用しています。 選択吸収の作用とは何か では、選択吸収の作用とは、具体的にどのような働きなのでしょうか。植物は、根から水分や栄養分を吸収する際には、根細胞の壁に存在する半透膜によって、栄養素や水分を選択的に吸収しています。半透膜とは、水や空気は通すが、栄養素は通さない膜のことです。根細胞の壁に存在する半透膜は、栄養素を「選択」的に吸収する働きをしており、必要な栄養素だけを土壌から吸収しています。 葉から空気中の二酸化炭素と水を吸収する際には、葉の表面にある気孔という小さな穴から二酸化炭素と水が入り込み、葉肉細胞の中にある葉緑体に運ばれます。葉緑体は、二酸化炭素と水を光合成によって糖に変換します。糖は、植物の生命活動に必要なエネルギー源となります。
成長に関する用語

園芸の用語『側根』を理解する

園芸の用語「側根」を理解する 側根とは? 側根とは、植物の幹や茎から水平に伸びる根のことです。 側根は、植物が水や栄養分を吸収する役割を果たしており、植物の健康維持に欠かせない重要な根です。 側根は、植物の種類によってその長さが異なり、長いものでは数メートルに達することがあります。 側根は、土壌の深い部分まで伸びることができ、植物が水分を効率的に吸収することを可能にします。 また、側根は、土壌の養分を吸収する役割も果たしており、植物の栄養状態を維持するのに役立ちます。 側根は、植物の成長に欠かせない重要な根です。 側根が十分に発達していないと、植物は水や栄養分を十分に吸収することができず、生育不良や枯死を引き起こすことがあります。 したがって、園芸においては、側根を十分に発達させることが重要です。
肥料に関する用語

「可給態養分」について知ろう!作物の成長に不可欠な養分

可給態養分とは?  可給態養分とは、作物が吸収しやすい形で存在する養分のことです。作物は、土壌中の養分を根から吸収して成長します。しかし、土壌中の養分はすべてが作物が吸収しやすい形になっているわけではありません。一部の養分は、作物が直接吸収できない形になっています。このような養分は、作物が吸収しやすい形に変換される必要があります。 この変換を行うのが、土壌中の微生物です。微生物は、土壌中の有機物を分解して、作物が吸収しやすい形の養分に変えます。このようにして、作物は土壌中の養分を効率よく吸収して、成長することができます。