光線不足

病気に関する用語

条腐病とは?トマトの生理病を解説

条腐病とは、トマトの果実に黒褐色の斑点が発生し、やがて腐敗する生理病です。この病気は、トマトの果実が成長する際に、カルシウムが不足することによって引き起こされます。カルシウムは、果実の細胞壁を強化し、腐敗を防ぐ役割を果たしています。しかし、トマトの果実が急速に成長すると、カルシウムの供給が追いつかなくなり、条腐病が発生しやすくなります。条腐病は、主に、高温多湿の条件で発生します。また、カルシウムが不足した土壌で栽培されたトマトも、条腐病が発生しやすくなります。 条腐病の症状は、トマトの果実に黒褐色の斑点が発生することです。これらの斑点は、最初は小さくても、次第に拡大し、やがて果実全体が腐敗してしまいます。条腐病に感染したトマトは、食用には適しません。 条腐病を防ぐためには、トマトの果実にカルシウムを十分に供給することが大切です。カルシウムは、石灰や草木灰などの資材を土壌に施用することによって供給することができます。また、トマトの果実が急速に成長しすぎないように、適切な水やりと施肥を行うことも大切です。
成長に関する用語

園芸の用語『ブラインド』とその対策

-ブラインドとは何か?- ブラインドとは、花が咲かない状態を指す園芸用語です。花が咲かない原因は様々ですが、最も多いのが、光不足です。植物は光合成によって栄養を生成しますが、光が不足すると光合成がうまく行えず、栄養が不足して花が咲きません。また、水やりや肥料のやり過ぎもブラインドの原因になることがあります。水やりや肥料をやり過ぎると、根が傷んでしまい、花が咲かなくなります。 他にも、害虫や病気の被害もブラインドの原因になることがあります。害虫や病気は植物の栄養を奪ったり、花芽を傷つけてしまったりすることがあります。また、気温や湿度の変化もブラインドの原因になることがあります。気温や湿度の変化が激しいと、植物がストレスを感じて花が咲かなくなります。