低温

育て方に関する用語

グリーンプラント・バーナリ型とは?

グリーンプラント・バーナリ型とは、都市部の空き地や放置された建物を利用して、そこに植物を植えて緑地化する取り組みのことです。 スウェーデンの医師、スベン・イヴァースが1980年代に提唱したもので、その後、世界各地に広がりました。日本では、グリーンプラント・バーナリ型を「都市緑化型農園」と呼んでおり、近年、注目を集めています。 グリーンプラント・バーナリ型の定義は、「都市部の空き地や放置された建物を利用して、そこに植物を植えて緑地化する取り組み」です。植物を植えることで、緑地化だけでなく、空気の浄化、ヒートアイランド現象の緩和、生物多様性の保全など、さまざまな効果が期待できます。また、グリーンプラント・バーナリ型は、市民が緑地を管理することで、地域コミュニティの活性化にもつながります。グリーンプラント・バーナリ型は、都市部の環境改善、市民の健康増進、地域コミュニティの活性化など、さまざまな効果が期待できる取り組みです。日本の都市部でも、グリーンプラント・バーナリ型が広がりつつあり、今後の発展が期待されています。
その他の用語

園芸用語「コールドチェーン」の仕組みと意義

コールドチェーンとは、農作物や園芸作物の品質を保持するために、収穫後から消費者に届くまで、一定の低温で管理するシステムのことです。コールドチェーンによって、収穫後に起こる作物の劣化や腐敗を抑制し、鮮度や栄養価を維持することができます。 コールドチェーンの仕組みは、収穫された作物を迅速に冷却し、一定の低温で輸送・貯蔵・販売することです。低温で管理することで、作物の呼吸や酵素の働きが抑制され、品質の劣化を防ぐことができます。 コールドチェーンは、鮮度や栄養価の高い作物を消費者のもとに届けるために重要な仕組みです。また、コールドチェーンは、作物の流通期間を延長し、供給量を安定させる役割も果たしています。
育て方に関する用語

園芸用語「順化」の意味と実践方法を徹底解説

順化とは、植物を新たな環境に移動させるときに、その環境に適応させるためのプロセスです。植物は、土壌、気候、日照時間など、さまざまな環境条件に適応して生きています。新しい環境に移されると、それまでの環境とは異なる条件にさらされるため、ストレスを感じることがあります。順化を行うことで、植物が新しい環境に適応し、ストレスを軽減することができます。 順化は、植物を移動させる前に行う必要があります。移動直前に順化を行うと、植物が新しい環境に適応する時間が足りず、ストレスを受ける可能性があります。順化の期間は、植物の種類や移動する距離によって異なりますが、一般的には1~2週間程度です。順化中は、植物を移動先の環境に近い条件に徐々に慣らしていく必要があります。例えば、日照時間が短い地域から日照時間が長い地域に移動する場合は、移動直前に植物を日陰に置いておくのではなく、移動の数週間前から日照時間を徐々に長くしていきます。また、土壌のpHが異なる地域に移動する場合は、移動の数週間前から土壌のpHを徐々に移動先のpHに近づけていきます。 順化を行うことで、植物が新しい環境に適応し、ストレスを軽減することができます。順化を適切に行うことで、植物の生育を促進し、枯死を防ぐことができます
育て方に関する用語

節成育苗について知ろう

「節成育苗」とは、節間を短くして丈夫で均質な苗を育てる育苗方法です。節間が短い苗は茎が太く、倒れにくいため、移植後の活着が良好で、生育が早くなります。また、節間が短いことで、葉の枚数が増え、光合成能力が高まり、収量が増加します。 節成育苗を行うには、以下の点に注意が必要です。
  1. 播種時期を適期に合わせる。
  2. 適切な播種量を守る。
  3. 育苗箱や育苗ポットを適宜移動させ、苗に均等に日が当たるようにする。
  4. 水やりを適切に行う。
  5. 肥料を適切に施す。
節成育苗を行うことで、丈夫で均質な苗を育てることができます。丈夫で均質な苗は、移植後の活着が良好で、生育が早くなり、収量が増加します。
育て方に関する用語

園芸の用語『夜冷育苗』について

園芸の用語『夜冷育苗』について -夜冷育苗とは- 夜冷育苗とは、夜の低温を利用して、植物の生育を促進させる栽培方法です。夜間に気温が下がると、植物は低温に耐えるために、細胞壁を強化したり、糖分を蓄積したりします。これにより、植物は強健になり、病害虫に抵抗力がつきます。また、夜冷育苗は、植物の徒長を防ぐ効果もあります。徒長とは、植物が間延びして、弱々しくなる現象のことです。夜冷育苗を行うことで、植物の成長を適度に抑え、しっかりとした株に育てることができます。 夜冷育苗は、多くの植物に応用できますが、特に効果的なのは、トマト、ナス、キュウリなどの野菜類です。これらの野菜は、夜冷育苗を行うことで、生育が早まり、収穫量が増加します。また、夜冷育苗は、花卉類にも効果的です。花卉類は、夜冷育苗を行うことで、花付きが良くなり、花が長持ちします。 夜冷育苗を行うには、夜の気温が10℃以下になる時期に、ビニールハウスやトンネルなどの施設を使用します。施設内に苗を植え付け、夜間は施設の扉や窓を開けて、外気の冷気を導入します。朝になったら、施設の扉や窓を閉めて、苗を保温します。この作業を繰り返すことで、夜冷育苗を行うことができます。
病気に関する用語

コーティング種子とは?その意味と特徴

コーティング種子は、様々な材料で処理された種子である。その目的は、種子の保護、発芽性の向上、病害虫の防除、栄養素の付加などである。コーティング種子は、農業や園芸において広く使用されており、作物の生産効率を高めるのに役立っている。 コーティング種子は、粒状や被膜状の材料で種子を包み込んだものである。コーティング材には、様々な物質が使用されており、その代表的なものは、ポリマー、粘土、有機肥料、殺菌剤、殺虫剤などである。コーティング種子は、コーティング材によって、種子の保護、発芽性の向上、病害虫の防除、栄養素の付加など、様々な効果を発揮する。
育て方に関する用語

ナスの発芽と変温処理

変温処理とは、ナスの種子に一定期間、低温と高温を交互に与える処理のことです。この処理を行うことで、発芽率を高め、揃いを良くすることができます。変温処理は、種子を湿らせたペーパータオルで包み、冷蔵庫で4℃で24時間、その後、室温25℃で24時間、交互に処理します。これを3~4回繰り返します。変温処理を行うことで、ナスの種子は休眠状態から覚醒し、発芽の準備が整います。変温処理を行った種子は、発芽率が高く、揃いが良いため、苗作りに適しています。
病気に関する用語

菌核病とは?特徴・予防・対処法を徹底解説

菌核病とは、結核菌によって引き起こされる感染症です。結核菌は、空気中を漂う小さな粒子となって、鼻や口から体内に侵入します。菌核病は、肺に感染することが最も多く、肺結核と呼ばれます。また、脳、腎臓、骨、リンパ節など、体の他の部位にも感染することがあります。 菌核病の症状は、感染している部位によって異なります。肺結核の場合、せき、痰、発熱、体重減少などがみられます。脳結核の場合、頭痛、吐き気、嘔吐などがみられます。腎臓結核の場合、血尿、タンパク尿、腎機能障害などがみられます。骨結核の場合、関節の痛みや腫れがみられます。リンパ節結核の場合、リンパ節の腫れがみられます。 菌核病は、抗菌薬で治療することができます。治療は、感染している部位や菌核病の重症度によって異なります。肺結核の場合、通常は6~9ヶ月間の抗菌薬の服用が必要です。脳結核や腎臓結核の場合、より長い期間の抗菌薬の服用が必要になることがあります。 菌核病は、予防接種によって予防することができます。菌核病の予防接種は、生後6~12ヶ月で接種されます。菌核病の予防接種は、生涯にわたって有効です。 菌核病は、適切な治療を受ければ治癒する病気です。しかし、治療をせずに放置すると、重症化して死に至ることもあります。菌核病の症状がある場合は、すぐに医療機関を受診することが大切です。
育て方に関する用語

園芸用語「休眠」のしくみと特徴

園芸用語「休眠」とは、植物が実生や増殖に必要な種子を生産せず、生長を止めた、または極めて遅くなったという、動植物で起こる代謝停止、または低速な代謝のことを指します。この現象は、植物が越年、またはその他の環境のストレスを回避するために起こります。休眠は、休眠種子、休眠芽、休眠球根など、さまざまな方法で発生します。 すべての植物が休眠するわけではありません。常緑植物は、一年中緑の葉を保持する植物であり、休眠しません。ただし、落葉植物は、一年中に葉を落として休眠します。落葉植物は、秋に葉を落として冬の間は休眠し、春に葉を茂らせて活動を再開します。 休眠中は、植物は生長を停止し、呼吸や光合成が遅くなります。そのため、休眠中の植物は、通常よりも多くのストレス耐性と耐寒性を示します。休眠は、植物が越年、またはその他の環境のストレスを回避するために重要なしくみです。 休眠は、植物の生存に重要なしくみです。休眠することで、植物は冬の間の寒さや乾燥から身を守り、春に活動を再開することができるようになります。また、休眠は、植物が種子を分散させることにも役立ちます。種子の中には、休眠することで、何年も生存することができるものもあります。休眠することで、植物は、環境の変化に耐え、種を保存し、繁殖することができるのです。
育て方に関する用語

園芸の技「球根冷蔵」

球根冷蔵の目的 球根冷蔵とは、球根を一定の低温にさらすことで、花芽分化を促進し、開花を早めたり、花をより美しく咲かせる技法です。球根冷蔵には、主に以下の目的があります。
  • 開花時期の調整球根冷蔵することで、開花時期を調整することができます。たとえば、チューベローズは、球根を冷蔵することで、開花時期を早めたり、遅らせたりすることができます。「球根を冷蔵することで、開花時期をコントロールすることができ、他の花との開花時期を調整することができます。」
  • 花芽分化の促進球根冷蔵は、花芽分化を促進する効果もあります。花芽分化とは、球根の中に花芽ができることです。花芽分化が促進されると、より多く花をつけるようになります。
  • 花付きの向上球根冷蔵は、花付きを向上させる効果もあります。花付きとは、1本の茎に咲く花の数を指します。球根冷蔵によって花付きが向上すると、より豪華な花を楽しむことができます。
  • 病害虫の予防球根冷蔵は、病害虫の予防にも効果的です。球根を冷蔵することで、球根に潜む病原菌や害虫を死滅させることができます。また、球根を冷蔵することで、球根の休眠期間を延長することができ、病害虫の発生を抑制することができます。「球根冷蔵は、球根の休眠期間を延長することで、病害虫の発生を抑制することができます。」
病気に関する用語

厚膜胞子とは?知っておきたい園芸用語

厚膜胞子とは、カビやキノコの仲間である子嚢菌や担子菌が作る、厚い膜で覆われた休眠胞子のことです。胞子は菌類の繁殖に重要な役割を果たしており、栄養条件が悪くなったり、環境が変化したりしたときに、菌糸体が死んでも胞子は生き残り、条件が良くなると発芽して新しい菌糸体を作ることができます。 厚膜胞子は、子嚢菌や担子菌の仲間によく見られ、土壌や植物の組織の中に広く分布しています。菌糸体が死んだ後も厚い膜で覆われているため、長期間休眠することができ、環境が良くなると発芽して新しい菌糸体を作ることができます。厚膜胞子は、土壌や植物の組織の中に広く分布しており、菌類の繁殖と生態系において重要な役割を果たしています。
成長に関する用語

離春化現象とは?その仕組みと活用方法

離春化現象とは、植物の開花を遅らせる現象のことです。これは、植物が低温にさらされた場合に起こる場合が多いです。この現象は、例えば、春先でも低温が続く場合、植物の開花が遅れるという形で現れます。 離春化現象は、植物の成長と発育に重要な役割を果たしています。低温にさらされた植物は、体内のアブシジン酸のレベルが高くなり、これが植物の成長と発育を抑制します。また、低温にさらされた植物は、体内のチトクロムオキシダーゼのレベルが高くなり、これが植物の呼吸を抑制します。これらの反応により、植物の成長と発育が遅くなり、開花が遅れるというわけです。 離春化現象は、農業においてさまざまな活用方法があります。例えば、春先でも低温が続く地域では、離春化現象を利用して、植物の開花時期を遅らせることができます。これにより、霜などの低温による被害を避けることができます。また、果樹栽培においては、離春化現象を利用して、果実の収穫時期を遅らせることができます。これにより、果実の価格が高くなる時期に収穫することができ、経済的な利益を得ることができます。