低温多湿

病気に関する用語

園芸の用語『いもち病』について

いもち病の症状と特徴 いもち病は、稲と麦を侵す真菌性疾患です。稲では、葉に黄色の斑点が現れ、次第に斑点は拡大して枯死していきます。また、稲穂にも被害が及び、籾が白っぽくなることがあります。麦では、葉に赤褐色の斑点が現れ、次第に斑点は拡大して枯死していきます。また、麦穂にも被害が及び、籾が黒っぽくなることがあります。いもち病は、風や雨によって胞子が運ばれて感染します。また、土壌に含まれる胞子から感染することもあります。いもち病は、稲作や麦作に大きな被害を与えるため、防除が必要です。防除には、耐病品種の栽培や、殺菌剤の散布などが有効です。
病気に関する用語

灰色かび病の知識と予防法

灰色かび病とは 灰色かび病は、植物を犯す病気の一種です。灰色かび病の原因となる菌は、灰色かび菌(学名Botryotinia fuckeliana)と言い、世界で広く生息しています。果物、野菜、花卉など、さまざまな植物がこの病気に罹る可能性があります。灰色かび病は、特に高温多湿の環境で発生しやすく、植物の傷口から侵入することが多いです。灰色かび病にかかると、植物に灰色のカビが生え、腐敗してしまいます。