休眠

育て方に関する用語

園芸の用語『種子休眠』とは何か?

-種子休眠の基礎知識- 種子休眠とは、適切な条件が揃っていても種子が発芽しない状態のことをいいます。休眠中の種子は、発芽を阻止する化学物質や物理的な障壁を持っているため、発芽に必要な水分や酸素を取り込むことができません。種子休眠は、種子が適さない時期に発芽することを防ぎ、種子の生存や種の保存に役立っています。 種子休眠には、次のような種類があります。 * -外被休眠- 種子の外皮が硬く、水分や酸素が浸透しにくい状態になっているもの。 * -内胚休眠- 種子の中にある胚が休眠状態にあるもの。 * -複合休眠- 内胚休眠と外皮休眠が同時に起こっているもの。 種子休眠の期間は、種の種類や休眠の種類によって異なります。短期間の休眠であれば、種を水に浸したり、傷つけたりすることで打破することができます。しかし、長期の休眠の場合は、低温や高温、乾燥などの条件を与えて休眠を打破する必要があります。
植物の種類に関する用語

園芸の用語『冬芽』について

冬芽とは、樹木や草本において、秋から冬の間、休眠状態にある植物体の一部分のことです。冬の間、植物は成長を停止し、根や茎の中でエネルギーを蓄えます。冬芽は、このエネルギーを蓄えた部分で、春になると成長を再開します。 冬芽は、植物の種類によって、その形状や大きさは異なります。一般的に、冬芽は小さく、鱗片で覆われています。鱗片は、冬芽を乾燥や寒さから守る働きがあります。また、冬芽の中には、葉の原基や花の原基が収納されています。 冬芽は、植物の成長にとって重要な役割を果たしています。冬芽がなければ、植物は冬の間、生き延びることができません。また、冬芽は、春になると成長を再開し、新しい葉や茎を伸ばします。
その他の用語

園芸用語『休眠』について

園芸用語『休眠』について -休眠とは- 休眠とは、植物が成長を一時的に停止し、冬の間など、不適な環境条件を生き延びるための生存戦略です。休眠している植物は、葉を落とし、茎や根を休ませ、エネルギーを蓄えます。休眠は、植物が環境の変化に適応するための重要な生存戦略です。 休眠には、いくつかの種類があります。外因性休眠とは、環境条件によって引き起こされる休眠です。例えば、低温や日照時間の短さが、休眠を引き起こすことがあります。内因性休眠とは、植物の遺伝子によって引き起こされる休眠です。例えば、一部の植物は、一定の年齢になると休眠に入ります。 休眠は、植物の成長を調整するために利用することができます。例えば、休眠中の植物を冷蔵庫に保管することで、休眠を延長し、植物の成長を遅らせることができます。また、休眠中の植物を暖かい場所に置くと、休眠を解除し、植物の成長を促すことができます。
育て方に関する用語

園芸用語「休眠」のしくみと特徴

園芸用語「休眠」とは、植物が実生や増殖に必要な種子を生産せず、生長を止めた、または極めて遅くなったという、動植物で起こる代謝停止、または低速な代謝のことを指します。この現象は、植物が越年、またはその他の環境のストレスを回避するために起こります。休眠は、休眠種子、休眠芽、休眠球根など、さまざまな方法で発生します。 すべての植物が休眠するわけではありません。常緑植物は、一年中緑の葉を保持する植物であり、休眠しません。ただし、落葉植物は、一年中に葉を落として休眠します。落葉植物は、秋に葉を落として冬の間は休眠し、春に葉を茂らせて活動を再開します。 休眠中は、植物は生長を停止し、呼吸や光合成が遅くなります。そのため、休眠中の植物は、通常よりも多くのストレス耐性と耐寒性を示します。休眠は、植物が越年、またはその他の環境のストレスを回避するために重要なしくみです。 休眠は、植物の生存に重要なしくみです。休眠することで、植物は冬の間の寒さや乾燥から身を守り、春に活動を再開することができるようになります。また、休眠は、植物が種子を分散させることにも役立ちます。種子の中には、休眠することで、何年も生存することができるものもあります。休眠することで、植物は、環境の変化に耐え、種を保存し、繁殖することができるのです。