中性

土に関する用語

園芸の用語『土壌酸度』とは?

「土壌酸度」とは、土壌の性質を示す指標のひとつで、土壌がどれくらい酸性か、アルカリ性かを表しています。土壌酸度は、pH値で表され、0~14の範囲で数値が低いほど酸性が強く、数値が高いほどアルカリ性が強くなります。 通常、土壌酸度はpH5.5~6.5の間が適正とされています。この範囲では、土壌中の養分が植物に吸収されやすく、微生物が活発に活動することができます。しかし、土壌酸度が適正範囲から外れると、植物の生育や微生物の活動に悪影響を及ぼす場合があります。 土壌酸度が高すぎる場合、植物の根が養分を吸収しにくくなり、生育不良を起こすことがあります。また、微生物の活動が抑制され、土壌の分解能が低下します。 土壌酸度が低すぎる場合、アルミニウムやマンガンなどの金属元素が溶出し、植物の生育に悪影響を及ぼすことがあります。また、土壌中のリンや鉄が固定され、植物が吸収しにくくなります。
土に関する用語

園芸用語:pHとは?

pHとは? pHとは、物質の酸性度、アルカリ性を示す尺度です。0から14までの数値で表され、7が中性、0-6.9が酸性、7.1-14がアルカリ性となります。一般的に、植物の生育に適したpHは6.0~7.0と言われています。酸性度やアルカリ度が強すぎると、植物の生育が阻害されてしまいます。また、pHは土壌の性質や、水質などによっても異なりますので、植物を育てる際には、その植物の生育に適したpHを把握することが大切です。
肥料に関する用語

【園芸用語】肥料反応とは

-肥料反応とは- 肥料反応とは、作物に肥料を施用したときに起こる一連の化学的および生理的反応のことです。肥料の化学的反応では、肥料の成分が土壌中の養分と反応して、作物にとって利用しやすい状態になります。 肥料の生理的反応とは、作物の成長や発育に変化が現れることです。肥料を施用すると、作物の根や葉が成長し、花や実がつきやすくなります。また、病害虫に強くなるという反応も起こります。 肥料反応は、肥料の種類や施用量、土壌の性質、作物の種類などによって異なります。例えば、窒素系肥料を施用すると、作物の葉や茎が成長し、リン酸系肥料を施用すると、花や実がつきやすくなります。 また、土壌が酸性だと肥料の効きが悪くなり、アルカリ性だと肥料の効きが良くなります。作物の種類によっても肥料反応は異なります。例えば、イネは窒素系肥料を好むのに対し、麦はリン酸系肥料を好みます。 肥料反応を正しく理解して、適切な肥料を適切な量施用することで、作物の生育を促進することができます。