ラン

植栽に関する用語

園芸用語『腰高鉢』の意味と特徴を解説

腰高鉢とは、高さのある鉢のことです。高さが15cm以上ある鉢を指します。高さがあることで、植物の根が伸びやすくなります。また、水はけの良い鉢なので、根腐れを防ぐことができます。腰高鉢は、多肉植物やサボテンを育てるのに適しています。多肉植物やサボテンは、水やりを控えて育てるのが基本です。腰高鉢は、水はけが良いため、水やりを控えても、根腐れを防ぐことができます。
植物の種類に関する用語

唇弁とは?スミレやシソ、ランに多く見られる花冠

唇弁の特徴と役割 唇弁は、通常、花冠の他の部分よりも大きく、目立つ色をしています。これは、昆虫を引き寄せるために進化した特徴です。昆虫は、唇弁に止まり、唇弁の奥にある蜜を吸います。蜜を吸っている間、昆虫は花粉を体につけます。花粉をつけた昆虫が他の花に移動すると、花粉が花に運ばれ、受粉が行われます。唇弁は、花冠の他の部分よりも大きいので、昆虫が止まりやすく、蜜を吸いやすくなっています。また、唇弁は、他の花冠と同じ色をしているので、昆虫が花を見つけやすいようになっています。
植物の種類に関する用語

地生ランとは?特徴や育て方を確認しよう

地生ランとは、土に根を張って生育するランの一種です。 着生ランとは異なり、樹木や岩に付着して成長するのではなく、地表に根を下ろして生息しています。地生ランは、世界中に約2万5千種類以上が生息しており、そのうち約1500種類が日本に分布しています。 地生ランの特徴は、草本であるということです。茎や葉は柔らかく、花は比較的派手で見栄えがします。また、地生ランはラン科植物の中では比較的育てやすい種類が多く、初心者にもおすすめです。
植物の種類に関する用語

シースとは?園芸用シースの特徴や育て方

シースとは、サボテンなどの多肉植物を育てるために使われる容器のことです。 園芸では、植物の根を保護し、水やりのしやすさを向上させるために使用されます。シースは、プラスチック、セラミック、金属など、さまざまな素材で作られています。 シースという言葉は、英語の「sheath」に由来しています。 「シース」は、ナイフや剣などの刃物を保護するために使われる鞘のことです。シースは、植物の根を守るという点で、鞘と同様の役割を果たしています。 シースは、丸型、四角形、六角形など、さまざまな形で作られています。また、サイズも、小型のものから大型のものまで、さまざまです。シースを選ぶ際には、植物のサイズや種類を考慮することが大切です。
育て方に関する用語

園芸の用語「バック・バルブ」を知っていますか?

園芸の用語「バック・バルブ」とは、蘭の茎にある古いバルブのことです。 バック・バルブは、蘭の茎が成長するにつれて、根元の方から枯れていきます。しかし、バック・バルブは枯れても完全に死んでしまうわけではなく、中に新しい芽を宿していることがあります。 バック・バルブから新しい芽が出ることは、蘭の繁殖にとって重要な意味を持ちます。蘭は種子から繁殖させることもできますが、バック・バルブから新しい芽を出すことで、より簡単に繁殖させることができます。 バック・バルブから新しい芽を出すには、バック・バルブを水苔やバークチップなどの植え込み材料に植え付けて、水を与えます。バック・バルブは枯れているように見えても、中は生きているので、水を与えれば新しい芽が出てきます。 バック・バルブから新しい芽が出てきたら、そのまま育てて株分けすることができます。株分けすることで、蘭の株数を増やすことができます。
植物の種類に関する用語

距とは?特徴や種類など

距の特徴は、形状や大きさ、位置などにより様々です。形状は、短くて鋭いものから、長く湾曲したものまで様々です。また、大きさも、数mmのものから、数十cmのものまであります。位置は、足の裏側にあるもの、足首の後ろにあるもの、足指の間に挟まっているものなどがあります。距は、鳥類の飛翔に重要な役割を果たしています。地面から飛び立つとき、距を使って蹴りをつけることで、推進力を得ることができます。また、飛行中にバランスをとるためにも使用されます。さらに、求愛行動や縄張り争いにも使用されます。
植物の種類に関する用語

気根とは?役割とその特徴

気根とは、植物体から空気中に伸びる根のことです。気根は、地上部にある根であり、地上部から伸びて空気中にさらされている根です。通常、気根は、湿度の高い環境や、水分の少ない環境で発達します。また、気根は、植物が呼吸をしたり、二酸化炭素を排出したり、水分を吸収したり、栄養素を吸収したりする役割を担っています。 気根は、植物の種類によって、さまざまな形状や大きさがあります。気根は、直立したり、垂れ下がったり、這ったりすることができます。また、気根は、太かったり、細かったり、短かったり、長かったりすることができます。気根は、植物の成長や生存に重要な役割を果たしています。 気根は、植物が呼吸をしたり、二酸化炭素を排出したり、水分を吸収したり、栄養素を吸収したりする役割を担っています。また、気根は、植物が倒れたり、折れたりすることを防ぐ役割も担っています。気根は、植物の成長や生存に重要な役割を果たしています。
育て方に関する用語

水ゴケとは?

水ゴケの用途 水ゴケは、庭の土壌改良、植物の保湿、梱包材など、さまざまな用途に使用されています。水ゴケは、保水性と保肥性に優れているので、土壌の水分と栄養分を保持し、植物の成長を促進する効果があります。そのため、庭の土壌改良材として使用されることが多いです。また、水ゴケは湿気を好む植物の保湿にも最適です。水ゴケを鉢植えの植物の表面に敷き詰めておくと、土壌の水分を保持し、湿度を高く保つことができます。さらに、水ゴケは梱包材としても使用されています。水ゴケは柔らかくクッション性があるので、壊れやすい物品を保護するのに適しています。 その他にも、水ゴケは蘭の栽培や、盆栽の土壌としても使用されています。蘭は水はけの良い土壌を好みますが、水ゴケは蘭の根が呼吸しやすい環境を作り出すことができます。盆栽の土壌としては、水ゴケは保水性と保肥性に優れているので、盆栽の成長を促進することができます。
育て方に関する用語

リレー栽培とは?メリット・デメリットを解説

リレー栽培とは? リレー栽培とは、異なる作物を順番に同じ畑で育てる栽培方法です。異なる作物を育てることで、連作障害を防ぎ、土壌を健康に保つことができます。また、異なる作物の収穫時期をずらして、周年出荷することができるというメリットもあります。 リレー栽培は、2種類以上の作物を同じ畑で育てるために、播種(はしゅ)や植え付け時期をずらして行います。収穫時期が異なる作物を選べば、収穫時期をずらすことができます。例えば、春にジャガイモを植え付け、秋にジャガイモを収穫した後に、冬に小松菜を植え付けて、春に小松菜を収穫するというようにリレー栽培を行うことができます。 リレー栽培は、連作障害を防ぎ、土壌を健康に保つことができるため、持続可能な農業にもつながります。
育て方に関する用語

茎頂培養とは?そのプロセスとメリット

茎頂培養とは、植物の生長点を培地に移して増殖させる手法のことです。植物の茎の先端にある生長点を切り取り、栄養分を豊富に含んだ培地に移すことで、新しい植物体を形成させることができます。茎頂培養は、植物のクローンを作製したり、新しい品種を開発したり、遺伝子組み換え植物を作製したりする際に使用されます。 茎頂培養は、1902年にドイツの植物学者フリードリヒ・ハーバートによって初めて行われました。ハーバートは、タバコの生長点を培地に移して増殖させることに成功し、茎頂培養の基礎を確立しました。その後、茎頂培養は世界中の植物学者が研究を進め、現在では重要な植物増殖技術として広く利用されています。