ヘデラ

植栽に関する用語

生け垣の基礎知識と活用方法

生け垣とは、庭や公共の場などで生えている木や低木を、ある程度の人工的な形に整えられた植栽のことです。美しく整えられた外観は、住まいの景観を高めるだけでなく、防風・防音といった機能面でも効果を発揮するため、古くから日本人は生け垣を住まいに活用してきました。 生け垣は設置する場所や目的に応じて、様々な種類や特徴があります。例えば、防風林として活用される場合は、常に風が強い地域に強い樹種が選ばれます。また、防音林として活用される場合は、音が遮断されやすい樹種が選ばれます。 生け垣は、地域や目的に合った樹種を選ぶことで、景観を高め機能面でも効果を発揮してくれる優れものです。
植栽に関する用語

カバープランツとは?園芸の用語とその効果

カバープランツとは? カバープランツとは、地面を覆うように生長する植物のことです。 カバープランツは、土壌侵食を防ぐ、雑草の成長を抑える、土壌の保水力を高める、土壌の栄養分を改善するなどの効果があります。また、花や葉が美しいものも多く、景観を良くする効果もあります。 カバープランツは、多年草、一年草、球根植物など、さまざまな種類があります。多年草は、一度植えれば何年も楽しめますが、一年草は、毎年植え替える必要があります。球根植物は、春に花を咲かせますが、夏に枯れてしまいます。 カバープランツを選ぶときには、その植物の性質をよく考えて選ぶことが重要です。例えば、日当たりの良い場所を好む植物は、日陰では育ちません。また、水はけの悪い場所を好む植物は、水はけの良い場所では育ちません。 カバープランツは、ガーデニング初心者でも簡単に育てることができます。植え付けるときは、土を耕して肥料を混ぜておきましょう。その後、カバープランツを株間を空けて植え付けていきます。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えましょう。 カバープランツは、ガーデニングをより楽しくしてくれる植物です。カバープランツを上手に使って、素敵なガーデンを作りましょう。
植栽に関する用語

園芸の用語『ヘゴ仕立て』

ヘゴ仕立てとは、生育が旺盛で這い性となる植物を、ヘゴなどの他の植物を用いて仕立てたものです。ヘゴは、シダ植物の一種で、木のように育つシダです。ヘゴは、その丈夫さと耐久性から、園芸において様々な用途に使用されています。 ヘゴ仕立ては、主に観賞用です。ヘゴの幹に植物を這わせることで、植物を立体的に見せ、より魅力的にすることができるからです。また、ヘゴ仕立ては、植物を病害虫から守る役割もあります。ヘゴの幹は、硬く丈夫なため、植物が病害虫に侵されるのを防ぐことができます。 ヘゴ仕立てを行うには、まずヘゴの幹を用意する必要があります。ヘゴの幹は、園芸店で販売されています。ヘゴの幹を手に入れたら、植物を植える場所を決めます。植物を植える場所は、日当たりがよく、風通しの良い場所が適しています。 ヘゴの幹に植物を植えるときは、ヘゴの幹に穴を開けて、そこに植物を植え付けます。植物を植え付けたら、ヘゴの幹を支柱で支えます。ヘゴの幹は、背が高いため、支柱で支えることで、倒れるのを防ぐことができます。 ヘゴ仕立ては、観賞用としてだけでなく、病害虫から植物を守る役割もあります。ヘゴ仕立てを正しく行うことで、植物を美しく育てることができます。
育て方に関する用語

園芸用語『耐陰性』について知っておくべき10のこと

耐陰性とは、植物が十分な光量のない条件下で生き残る能力のことです。 この用語は、植物が暗闇の中で生き残る能力を指すのではなく、植物が低光量の中で生き残る能力を指します。耐陰性のある植物は、日陰の多い場所や建物の北側など、日当たりが悪い場所でも育つことができます。 耐陰性のある植物は、通常、薄くて柔らかい葉を持っています。これは、少ない光でも光合成を行うことができるようにするためです。また、耐陰性のある植物は、一般的に成長が遅く、花を咲かせない、またはほとんど咲かないという特徴があります。 耐陰性のある植物は、日陰の多い場所を明るくするために、ガーデニングにおいて人気があります。また、耐陰性のある植物は、室内で育てるのにも適しています。耐陰性のある植物を育てるには、水やりを控えめにし、肥料はほとんど与えないようにすることが重要です。