プラ鉢

植栽に関する用語

園芸用語『プラ鉢』について

園芸用語『プラ鉢』について プラ鉢とは? プラ鉢とは、観葉植物や野菜苗の栽培に使用される植木鉢のことです。プラスチック製の鉢で、軽くて丈夫、安価であるのが特徴です。丸型、角型、楕円形など、様々な形があるほか、色は黒、白、茶色などが一般的です。 プラスチックは、鉢の素材として様々なメリットがあります。まず、軽くて丈夫なので、持ち運びや植え替えがしやすいです。また、プラスチックは水や空気を通しにくい性質があるため、鉢内の土が蒸散しにくく、水やりをこまめにする必要がありません。さらに、プラスチックは腐食しにくいので、長期間使用することができます。 プラ鉢は、園芸初心者にもおすすめです。プラスチックは、陶器やテラコッタなどの鉢よりも安価で、入手しやすいからです。また、プラスチックの鉢は割れにくいので、扱いが簡単です。 ただし、プラスチック製の鉢には、デメリットもあります。プラスチックは、直射日光に当たると劣化しやすいので、屋外で使用する場合は、直射日光を避けて設置する必要があります。また、プラスチックの鉢は、陶器やテラコッタなどの鉢よりも通気性が悪く、根腐れを起こしやすいため、水やりには注意が必要です。