プラスチック製

ガーデニングに関する用語

園芸用語『プランター』の意味と使い方

-プランターとは何か?- プランターとは、鉢のことです。植物を植えるための容器で、土を入れたり、水耕栽培をしたりします。プランターは、素材や形状によってさまざまな種類があります。プラスチック製のプランターは、軽量で持ち運びがしやすいのが特徴です。陶器製のプランターは、重厚感があり、高級感があります。木製プランターは、ナチュラルな風合いが特徴です。プランターの形状もさまざまです。丸型、角型、四角型などがあります。また、壁掛けや吊り下げ式のプランターもあります。プランターは、ガーデニングやベランダ菜園を楽しむために欠かせないアイテムです。
植栽に関する用語

園芸用語「行灯仕立て」とは?その方法と魅力を紹介

行灯仕立てとは、盆栽や庭園の樹木を半円形または円形に仕立て上げる技法です。幹や枝を曲げたり、切ったりして、上から見ると丸い形になるように整形します。行灯仕立ては、樹木の自然な美しさを引き出し、空間を優雅に演出する効果があります。 行灯仕立ての魅力は、なんといってもその独特なフォルムにあります。丸みのあるシルエットは、見る人に安らぎと癒しを与えてくれます。また、行灯仕立ては、他の樹木との調和をとりやすく、庭園や盆栽を美しくまとめることができます。さらに、行灯仕立ては、樹木の成長をコントロールしやすく、樹木を健康に保つことができます。