ブロッキング

育て方に関する用語

園芸で知っておきたい専門用語『ブロッキング』について

「ブロッキング」とは、園芸用語で、土壌が硬く締め固まり、水や空気の流れが悪くなる状態のことです。ブロック状に分かれてひび割れが起きる状態を指し、ひどいブロッキングが起こると、植物の根が呼吸できなくなって枯れてしまいます。 ブロッキングの原因には、土壌の圧縮や、水やりのしすぎ、堆肥などの有機物の入れすぎなどがあります。また、土壌の成分にもより、粘土質の土壌はブロッキングが起こりやすいです。 ブロッキングを防ぐためには、土壌を耕して柔らかくしたり、水はけを良くしたり、堆肥などを入れすぎないようにしたりする必要があります。また、土壌の成分に問題がある場合は、土壌改良材などを使用して改善する必要があります。
育て方に関する用語

押さえ床育苗とは?その方法とコツ

押さえ床育苗とは何か? 押さえ床育苗とは、苗床に土を敷き詰め、その上に種を播き、さらに土をかぶせて種を覆うという方法です。押さえ床育苗は、土壌の水分を保持し、発芽を促進する効果があります。また、苗を風や雨から守る役割もあります。押さえ床育苗は、種まきから移植までの期間を短縮することができ、苗の生育を促進することができます。押さえ床育苗は、家庭菜園や園芸で広く行われている方法です。