ブラシノステロイド

成長に関する用語

園芸の用語『植物ホルモン』とは?

植物ホルモンとは、植物の生長、発達、生殖を調整する化学物質のことです。植物ホルモンは、植物のあらゆる器官や組織で生成され、植物体のさまざまな部位に運ばれて、植物の生長や発達を制御しています。植物ホルモンは、植物の生長を促進したり、抑制したり、形態を変化させたり、生殖を促進したり、抑制したりするなど、さまざまな役割を果たしています。 植物ホルモンは、大きく分けて5つのグループに分類されます。それらは、オーキシン、サイトカイニン、ジベレリン、アブシジン酸、エチレンです。オーキシンは、植物の根の生長を促進したり、茎の伸長を抑えたりする役割を果たしています。サイトカイニンは、細胞分裂を促進したり、葉や芽の生長を促進したりする役割を果たしています。ジベレリンは、茎の伸長を促進したり、花芽の形成を促進したりする役割を果たしています。アブシジン酸は、植物の生長を抑制したり、葉の落葉を促進したりする役割を果たしています。エチレンは、果実の熟成を促進したり、葉の落葉を促進したりする役割を果たしています。
成長に関する用語

ブラシノステロイドとは?働きと活用方法

ブラシノステロイドとは?働きと活用方法 ブラシノステロイドとは ブラシノステロイドとは、植物界に広く分布する植物ホルモンの一種です。 植物の生長と発達に関与しており、細胞分裂、伸長、分化などのプロセスを促進します。また、ブラシノステロイドは植物の耐ストレス性、耐病性、収量性などの特性を向上させる働きがあります。 ブラシノステロイドは、1970年に日本の研究者によって初めて発見されました。その後、ブラシノステロイドの構造や機能に関する研究が進み、現在では植物ホルモンとして重要な役割を果たしていることが明らかになっています。 ブラシノステロイドは、植物の根、茎、葉、花、果実など、さまざまな器官に存在しています。ブラシノステロイドの濃度は、植物の種類や生育ステージによって異なりますが、一般的に若い植物や生長が盛んな植物に多く含まれています。