フレーム

育て方に関する用語

園芸の用語『フレーム』とは?

フレームとは、園芸において、苗や種を育てるための箱状の構造物です。フレームは、苗や種を一定の温度や湿度で管理することができ、生育を促進する効果があります。また、フレームは、雨風や害虫から苗や種を守る役割もあります。 フレームは、様々な素材で作ることができますが、一般的には木や金属、樹脂などが使用されます。フレームの構造は、苗や種のサイズや育てる植物の種類によって異なりますが、基本的には、底面と側面を板やビニールで囲み、上面を透明な素材で覆った構造となっています。 フレームを使用することで、苗や種の生育をコントロールすることができ、より早く、より健康な植物を育てることができます。また、フレームは、雨風や害虫から苗や種を守る役割もあるため、苗や種の損失を防ぎ、栽培の成功率を高めることができます。
育て方に関する用語

あんどん仕立てとアサガオの育て方

あんどん仕立てとは、アサガオをあんどんのような形に仕立てる栽培方法です。あんどん仕立てにすることで、アサガオを株立ちさせ、多くの花を咲かせることができます。あんどん仕立ては、アサガオの栽培初心者にもおすすめです。 あんどん仕立てを作るには、まず、アサガオの苗をポットに植え付けます。苗を植え付けたら、支柱を立てて、苗を支えます。支柱は、アサガオの成長に合わせて、高さを調整していきます。 アサガオが成長したら、誘引して、あんどんのような形に仕上げます。誘引は、アサガオのつるを支柱に巻き付けていきます。つるを巻き付ける際には、アサガオのつるを傷つけないように注意します。 あんどん仕立てが完成したら、水やりと肥料を与えます。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えます。肥料は、2週間に1回程度、緩効性化成肥料を与えます。 アサガオは、日当たりの良い場所で栽培します。アサガオは、肥料と水やりをしっかりと与えることで、多くの花を咲かせることができます。
植栽に関する用語

トピアリーとは? 特徴と作り方を Garden DIY

トピアリーとは、フレームに植物を植え付けて様々な形に仕立てた立体的な造形物のことです。フランス語の「トピア」という言葉に由来しており、庭園芸術の一種として古くから親しまれてきました。 街路樹や公園、庭園などで見かけることが多く、動物や幾何学模様など、そのバリエーションは様々です。トピアリーの作り方には、大きく分けて2つの方法があります。 1つ目は、植物をフレームに誘引して仕立てる方法です。この方法では、あらかじめ用意したフレームに植物を植え付けて、フレームの形に合わせて植物を誘引していきます。植物が成長するにつれて、次第にフレームの形に仕立てられていきます。 2つ目は、植物を刈り込んで形を整える方法です。この方法では、あらかじめ植えられた植物を刈り込んで、フレームの形に合わせて形を整えていきます。植物の成長速度に合わせて、定期的に刈り込みを行う必要があります。 トピアリーは、初心者でも比較的簡単に作ることができるので、ガーデニングの入門編として人気があります。また、トピアリーは、玄関先やリビング、ベランダなど、様々な場所に飾ることができるのも魅力です。