ファレノプシス

植物の種類に関する用語

着生ランの魅力と育て方

着生ラン 着生ランとは、他の植物の幹や枝の上、または岩の上で生育するランの仲間のことです。着生ランは、独特のフォルムと花を咲かせることから、観賞用として人気が高いです。着生ランの仲間は、世界各地の熱帯から亜熱帯、さらには高温多湿な地域まで幅広く分布しています。熱帯の森林と月間降水量200mm程度のサバンナなど、多様な気候の中で育っています。着生ランは、地面ではなく他の植物の幹や枝に生え、空中から栄養分を吸収して成長します。着生植物は、土で覆われた地面がなくても生息できる独自の適応力を有した植物で、着生ランもその性質を持っているのです。種類豊富な着生ランは、花の形、大きさ、色も様々で、洋ランの多くが着生ランに属していると言われています。
植栽に関する用語

園芸の用語『ヘゴ仕立て』

ヘゴ仕立てとは、生育が旺盛で這い性となる植物を、ヘゴなどの他の植物を用いて仕立てたものです。ヘゴは、シダ植物の一種で、木のように育つシダです。ヘゴは、その丈夫さと耐久性から、園芸において様々な用途に使用されています。 ヘゴ仕立ては、主に観賞用です。ヘゴの幹に植物を這わせることで、植物を立体的に見せ、より魅力的にすることができるからです。また、ヘゴ仕立ては、植物を病害虫から守る役割もあります。ヘゴの幹は、硬く丈夫なため、植物が病害虫に侵されるのを防ぐことができます。 ヘゴ仕立てを行うには、まずヘゴの幹を用意する必要があります。ヘゴの幹は、園芸店で販売されています。ヘゴの幹を手に入れたら、植物を植える場所を決めます。植物を植える場所は、日当たりがよく、風通しの良い場所が適しています。 ヘゴの幹に植物を植えるときは、ヘゴの幹に穴を開けて、そこに植物を植え付けます。植物を植え付けたら、ヘゴの幹を支柱で支えます。ヘゴの幹は、背が高いため、支柱で支えることで、倒れるのを防ぐことができます。 ヘゴ仕立ては、観賞用としてだけでなく、病害虫から植物を守る役割もあります。ヘゴ仕立てを正しく行うことで、植物を美しく育てることができます。
植物の種類に関する用語

園芸の用語『洋ラン』とは?

-洋ランとは?- 洋ランとは、日本以外で自生するラン科の植物の総称です。日本では、ランは自生するものを「和ラン」と呼び、海外から輸入されるものを「洋ラン」と区別しています。洋ランは、熱帯、亜熱帯に多く自生しており、その種類は非常に多く、現在では約2万5000種以上が知られている。花の形や色はさまざまで、熱帯地域の華やかな花や、温帯地域の可憐な花など、さまざまなものがあります。洋ランは、その美しさから、観賞用としてだけでなく、切花や鉢植えとしても人気があります。