ヒマワリ

植物の種類に関する用語

園芸用語の『陽性植物』とは?その特徴と育て方

陽性植物とは、日当たりのよい場所を好む植物のことです。一般に、葉が厚く、乾きやすい環境に強いという特徴があります。また、花を咲かせるために多くの日光を必要とします。 陽性植物の代表例としては、ひまわり、マリーゴールド、ペチュニア、サルビアなどがあります。これらの植物は、日当たりのよい場所であれば、水やりを頻繁に行う必要はなく、育てやすいのが特徴です。 陽性植物を育てる際には、日当たりのよい場所を選ぶことが大切です。また、水やりは、土が乾いたらたっぷり与えるようにしましょう。肥料は、春と秋に緩効性肥料を与えるとよいでしょう。
植物の種類に関する用語

頭状花序を理解しよう〜ヒマワリ、ガーベラ、キクの花が咲く秘密に迫る〜

頭状花序とは、特殊な花序の一種で、多くの小さな花が集まって、頭(花盤)のように見える構造のことである。頭状花序を形成する花を小頭花といい、ヒマワリやガーベラ、キクなどに見られる。花びらのように見えるのは総苞片といい、小頭花を守る役目がある。頭状花序の中心にあるのは、筒状花といい、花びらが筒状になり、雄しべと雌しべが合着している。筒状花の周りに、舌状花があり、花びらが平らに広がっていて、雄しべと雌しべが分かれている。 頭状花序は、小さな花が集まって大きくなることで、受粉の効率を高めている。また、総苞片が花を守ることで、虫害や雨風から花を守っている。頭状花序は、その美しい花の姿と、花の構造の面白さから、多くの人々に愛されている。