ヒノキ

植物の種類に関する用語

園芸の用語『針葉樹』

針葉樹の特徴 針葉樹は、葉が針のような形をしている常緑樹です。葉は細長く、葉脈が1本だけです。葉の表面には気孔があり、そこから水分を蒸散して体温を調節しています。また、葉の裏面には白い粉状の物質がついていて、これが日光を反射して葉の温度を上げないようにしています。 針葉樹は、寒い地方でも育つことができます。これは、葉が細長く、葉脈が1本だけなので、葉の面積が小さく、水分蒸散量が少ないからです。また、葉の裏面に白い粉状の物質がついていることも、葉の温度を上げないようにして、寒さに耐えられることに貢献しています。 針葉樹は、木材として利用されることが多くあります。針葉樹の木材は、軽くて丈夫で、加工しやすいという特徴があります。そのため、住宅や家具、紙など、さまざまな製品に使用されています。また、針葉樹の樹脂は、接着剤や塗料、ガソリンなどの原料として使用されています。 針葉樹は、寒い地方でも育つことができ、木材として利用されることが多く、私たちの生活に欠かせない植物です。
植物の種類に関する用語

常緑樹とは?特徴と種類を解説

-常緑樹とは何か- 常緑樹とは、一年を通して葉が緑色を保っている木のことです。常緑樹は、その特徴から、庭木や街路樹、公園の木などとして広く植えられています。 常緑樹は、落葉樹とは異なり、葉を落とすことがありません。そのため、一年を通して緑色を保ち、四季折々の美しさを楽しむことができます。また、常緑樹は、落葉樹に比べて、風に強く、日陰に強い傾向があります。 常緑樹の種類は、非常に多く、世界中に分布しています。日本でも、常緑樹は広く分布しており、マツ、スギ、ヒノキなど、おなじみの木々があります。