トウモロコシ

成長に関する用語

園芸用語『自殖弱勢』の意味と仕組み

-自殖弱勢とは?- -自殖弱勢-とは、植物が自分の花粉を介して受粉すると、その結果として得られる種子が弱くなったり、発芽率が悪くなったりする現象のことです。-これは、近親交配によって遺伝的な多様性が失われることが原因-です。 植物は、受粉によって遺伝子を組み換えることで、その子孫の多様性を確保しています。しかし、自分の花粉を介して受粉すると、遺伝的な多様性が失われ、その結果として種子が弱くなったり、発芽率が悪くなったりするのです。 自殖弱勢は、多くの植物種で見られる現象です。-例えば、イネ、小麦、トウモロコシなどの穀物、ナス、トマト、ピーマンなどの野菜、リンゴ、梨、ブドウなどの果物-など、さまざまな植物種で自殖弱勢が確認されています。 自殖弱勢は、植物の繁殖にとって大きな問題です。-自殖弱勢によって得られた種子は弱く、発芽率が悪いため、植物の繁殖が阻害されてしまう-のです。また、自殖弱勢によって得られた子孫は、病気や害虫に弱いため、植物が病気や害虫に感染するリスクが高まってしまいます。
その他の用語

園芸の用語『GMO』とは?

GMOとは、遺伝子組み換え(Genetic Modification Organism)の略で、遺伝子工学技術を用いて生物の遺伝子構成を改変した生物のことです。GMOは、農作物や家畜、微生物など、さまざまな生物に対して行われています。 GMOの目的は、生物の特性を改良することです。例えば、GMO農作物は、害虫や病気に対する抵抗力を高めたり、収穫量を増やしたり、栄養価を向上させたりすることができます。GMO家畜は、肉や牛乳の生産量を増やしたり、病気に対する抵抗力を高めたりすることができます。GMO微生物は、医薬品や工業生産に利用することができます。 GMOは、環境や健康への影響が懸念されています。しかし、世界保健機関(WHO)国際連合食糧農業機関(FAO)などは、GMOは適切に使用されれば、安全であると評価しています。
その他の用語

キセニアとは?トウモロコシの白色粒が黄色になる秘密

キセニアとは、植物の受精後に生じる遺伝子の相互作用によって親とは異なる特徴を持つ果実や種子が形成される現象のことです。キセニアは、19世紀初頭にドイツの植物学者であるゴットフリート・リンクによって初めて発見されました。リンクは、トウモロコシの白色粒が黄色になる現象を観察し、それが受精後に生じる遺伝子の相互作用によるものであることを突き止めました。 キセニアの基本的な考え方は、受精後に生じる遺伝子の相互作用によって、親とは異なる特徴を持つ果実や種子が形成されるということです。キセニアは、植物の遺伝子操作において重要な役割を果たしています。遺伝子操作では、親とは異なる特徴を持つ植物を開発するために、キセニアを利用することがよくあります。キセニアを利用することで、例えば、耐病性の高い植物や、収量の高い植物を開発することができます。 キセニアは、植物の遺伝学においても重要な役割を果たしています。キセニアは、植物の遺伝子の相互作用を研究するための重要な手段となっています。