タネの発芽

育て方に関する用語

嫌光性種子について深く知ろう!

嫌光性種子は、光を嫌う種子のことであり、光が当たると発芽しない、または発芽率が低下する性質があります。嫌光性種子は、種子に含まれるフィトクロムという色素が、光を吸収することで発芽を抑制する仕組みになっています。フィトクロムは、赤色光を吸収すると不活性型に変わり、発芽を抑制します。逆に、遠赤色光を吸収すると活性型に変わり、発芽を促進します。 嫌光性種子は、自然界では森林の林床や草原など、光が少ない環境に生育しています。また、嫌光性種子の中には、果実の中や土の中に埋もれて発芽する種類もあります。嫌光性種子は、光を嫌う性質を利用して、貯蔵や輸送中に発芽しないようにすることができます。また、嫌光性種子は、光が少ない環境で発芽させることができるため、育苗や栽培の際に光量を調整することで、発芽率を高めることができます。
育て方に関する用語

ナスの発芽と変温処理

変温処理とは、ナスの種子に一定期間、低温と高温を交互に与える処理のことです。この処理を行うことで、発芽率を高め、揃いを良くすることができます。変温処理は、種子を湿らせたペーパータオルで包み、冷蔵庫で4℃で24時間、その後、室温25℃で24時間、交互に処理します。これを3~4回繰り返します。変温処理を行うことで、ナスの種子は休眠状態から覚醒し、発芽の準備が整います。変温処理を行った種子は、発芽率が高く、揃いが良いため、苗作りに適しています。
成長に関する用語

ブラシノステロイドとは?働きと活用方法

ブラシノステロイドとは?働きと活用方法 ブラシノステロイドとは ブラシノステロイドとは、植物界に広く分布する植物ホルモンの一種です。 植物の生長と発達に関与しており、細胞分裂、伸長、分化などのプロセスを促進します。また、ブラシノステロイドは植物の耐ストレス性、耐病性、収量性などの特性を向上させる働きがあります。 ブラシノステロイドは、1970年に日本の研究者によって初めて発見されました。その後、ブラシノステロイドの構造や機能に関する研究が進み、現在では植物ホルモンとして重要な役割を果たしていることが明らかになっています。 ブラシノステロイドは、植物の根、茎、葉、花、果実など、さまざまな器官に存在しています。ブラシノステロイドの濃度は、植物の種類や生育ステージによって異なりますが、一般的に若い植物や生長が盛んな植物に多く含まれています。