セッコク

植物の種類に関する用語

着生植物とは?その生態や種類

着生植物とは、他の植物体に固着して生活している植物のことです。着生植物は、樹木、岩、または他の植物の茎や葉の上など、さまざまな場所に生息することができます。着生植物の多くは、根を持たず、空気中から水分と栄養素を吸収して生活しています。着生植物は、熱帯雨林や温帯林に多く生息しており、世界中に約30,000種が生息していると言われています。着生植物には、ラン、シダ、コケ、地衣など、さまざまな種類がおり、それぞれが独自の生態を持っています。
植栽に関する用語

園芸の用語『ヘゴ仕立て』

ヘゴ仕立てとは、生育が旺盛で這い性となる植物を、ヘゴなどの他の植物を用いて仕立てたものです。ヘゴは、シダ植物の一種で、木のように育つシダです。ヘゴは、その丈夫さと耐久性から、園芸において様々な用途に使用されています。 ヘゴ仕立ては、主に観賞用です。ヘゴの幹に植物を這わせることで、植物を立体的に見せ、より魅力的にすることができるからです。また、ヘゴ仕立ては、植物を病害虫から守る役割もあります。ヘゴの幹は、硬く丈夫なため、植物が病害虫に侵されるのを防ぐことができます。 ヘゴ仕立てを行うには、まずヘゴの幹を用意する必要があります。ヘゴの幹は、園芸店で販売されています。ヘゴの幹を手に入れたら、植物を植える場所を決めます。植物を植える場所は、日当たりがよく、風通しの良い場所が適しています。 ヘゴの幹に植物を植えるときは、ヘゴの幹に穴を開けて、そこに植物を植え付けます。植物を植え付けたら、ヘゴの幹を支柱で支えます。ヘゴの幹は、背が高いため、支柱で支えることで、倒れるのを防ぐことができます。 ヘゴ仕立ては、観賞用としてだけでなく、病害虫から植物を守る役割もあります。ヘゴ仕立てを正しく行うことで、植物を美しく育てることができます。