スイートピー

植物の種類に関する用語

園芸用語『冬咲系』とは?その意味と特徴

冬咲系とは、冬の時期に花が咲く系統の植物のことです。一般的に、植物の多くは春や夏に花を咲かせますが、冬咲系は、冬でも花を楽しむことができる植物として人気があります。冬咲系の植物には、サザンカ、椿、水仙、ストック、ビオラなどがあります。 冬咲系植物は、冬でも花が咲くように、耐寒性や耐霜性に優れた品種が選ばれています。また、冬でも日差しが少なくなることから、日陰にも強い品種が選ばれています。冬咲系植物は、比較的育てやすいので、初心者の方でも簡単に育てることができます。
ガーデニングに関する用語

切花鮮度保持剤と切花保存剤とは?

切花鮮度保持剤と切花保存剤は、どちらも切花の鮮度を保つために使用されますが、その働きは異なります。切花鮮度保持剤は、切花の切り口に直接挿して使用します。 切り口から発生するエチレンガスを吸収し、切花の老化を遅らせる効果があります。また、切花に栄養分を補給し、花持ちを良くする効果もあります。一方、切花保存剤は、切花を浸すか、切花を挿す水に混ぜて使用します。切花の切り口を水から守ることで、細菌の繁殖を防ぎ、切花の寿命を延ばす効果があります。また、切花に栄養分を補給し、花持ちを良くする効果もあります。