シイ

植物の種類に関する用語

照葉樹とは?その特徴と分布について

照葉樹とは、葉の表面に光沢があり、革質の常緑広葉樹のことです。照葉樹には、スダジイ、タブノキ、シイノキ、ヤブツバキなど、多くの種類があります。照葉樹は、日本の暖帯から亜熱帯にかけて広く分布しています。 照葉樹林は、照葉樹が優占する森林のことです。照葉樹林は、温暖で湿潤な気候を好みます。照葉樹林は、日本、中国、韓国、台湾などの東アジアに分布しています。照葉樹林は、多くの動植物の生息地であり、生態系を維持する上で重要な役割を果たしています
植物の種類に関する用語

常緑樹とは?特徴と種類を解説

-常緑樹とは何か- 常緑樹とは、一年を通して葉が緑色を保っている木のことです。常緑樹は、その特徴から、庭木や街路樹、公園の木などとして広く植えられています。 常緑樹は、落葉樹とは異なり、葉を落とすことがありません。そのため、一年を通して緑色を保ち、四季折々の美しさを楽しむことができます。また、常緑樹は、落葉樹に比べて、風に強く、日陰に強い傾向があります。 常緑樹の種類は、非常に多く、世界中に分布しています。日本でも、常緑樹は広く分布しており、マツ、スギ、ヒノキなど、おなじみの木々があります。