クレマチス

育て方に関する用語

あんどん仕立てとアサガオの育て方

あんどん仕立てとは、アサガオをあんどんのような形に仕立てる栽培方法です。あんどん仕立てにすることで、アサガオを株立ちさせ、多くの花を咲かせることができます。あんどん仕立ては、アサガオの栽培初心者にもおすすめです。 あんどん仕立てを作るには、まず、アサガオの苗をポットに植え付けます。苗を植え付けたら、支柱を立てて、苗を支えます。支柱は、アサガオの成長に合わせて、高さを調整していきます。 アサガオが成長したら、誘引して、あんどんのような形に仕上げます。誘引は、アサガオのつるを支柱に巻き付けていきます。つるを巻き付ける際には、アサガオのつるを傷つけないように注意します。 あんどん仕立てが完成したら、水やりと肥料を与えます。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えます。肥料は、2週間に1回程度、緩効性化成肥料を与えます。 アサガオは、日当たりの良い場所で栽培します。アサガオは、肥料と水やりをしっかりと与えることで、多くの花を咲かせることができます。
植栽に関する用語

アーチとは何か – ガーデニングの基礎知識

アーチの歴史 アーチは古くから庭園で用いられており、その起源は古代エジプトまで遡ります。古代エジプトでは、橋や門などの建築物にアーチを用いており、その構造的な強さと美しさから、庭園の装飾にも取り入れられました。その後、アーチは古代ギリシャや古代ローマでも用いられ、中世ヨーロッパでは、教会や修道院の庭園にアーチを設けることが流行しました。ルネサンス期には、庭園にアーチを設けることがさらに盛んになり、貴族や富裕な市民の庭園には、さまざまな形のアーチが設けられました。現代でも、アーチは庭園の装飾として人気があり、バラやクレマチスなどのつる植物を絡ませたり、アーチの下にベンチやテーブルを置いたりして、憩いの空間を作るのに最適です。
植栽に関する用語

園芸用語「行灯仕立て」とは?その方法と魅力を紹介

行灯仕立てとは、盆栽や庭園の樹木を半円形または円形に仕立て上げる技法です。幹や枝を曲げたり、切ったりして、上から見ると丸い形になるように整形します。行灯仕立ては、樹木の自然な美しさを引き出し、空間を優雅に演出する効果があります。 行灯仕立ての魅力は、なんといってもその独特なフォルムにあります。丸みのあるシルエットは、見る人に安らぎと癒しを与えてくれます。また、行灯仕立ては、他の樹木との調和をとりやすく、庭園や盆栽を美しくまとめることができます。さらに、行灯仕立ては、樹木の成長をコントロールしやすく、樹木を健康に保つことができます。