キュウリ

病気に関する用語

灰色かび病の知識と予防法

灰色かび病とは 灰色かび病は、植物を犯す病気の一種です。灰色かび病の原因となる菌は、灰色かび菌(学名Botryotinia fuckeliana)と言い、世界で広く生息しています。果物、野菜、花卉など、さまざまな植物がこの病気に罹る可能性があります。灰色かび病は、特に高温多湿の環境で発生しやすく、植物の傷口から侵入することが多いです。灰色かび病にかかると、植物に灰色のカビが生え、腐敗してしまいます。
育て方に関する用語

接ぎ木栽培とは?

接ぎ木栽培とは? 接ぎ木栽培とは、異なる植物を接ぎ穂と台木という形で結合させ、一つの植物体に仕立てる栽培方法です。接ぎ穂は、接ぎたい植物の枝や芽の部分を指し、台木は、土の中で根を張り、接ぎ穂を支える植物です。接ぎ木栽培を行うことで、異なる植物の特性を組み合わせることができるため、育てにくい植物を育てやすくしたり、病害虫に強い植物を育てたりすることが可能になります。 接ぎ木栽培は、果樹や花卉類、野菜類など、幅広い植物に対して行われており、それぞれの植物の特性に合わせて、様々な接ぎ木方法があります。また、接ぎ木栽培は、植物の新品種を開発するためにも役立てられており、新しい品種の果樹や花卉類の開発に貢献しています。
育て方に関する用語

節成育苗について知ろう

「節成育苗」とは、節間を短くして丈夫で均質な苗を育てる育苗方法です。節間が短い苗は茎が太く、倒れにくいため、移植後の活着が良好で、生育が早くなります。また、節間が短いことで、葉の枚数が増え、光合成能力が高まり、収量が増加します。 節成育苗を行うには、以下の点に注意が必要です。
  1. 播種時期を適期に合わせる。
  2. 適切な播種量を守る。
  3. 育苗箱や育苗ポットを適宜移動させ、苗に均等に日が当たるようにする。
  4. 水やりを適切に行う。
  5. 肥料を適切に施す。
節成育苗を行うことで、丈夫で均質な苗を育てることができます。丈夫で均質な苗は、移植後の活着が良好で、生育が早くなり、収量が増加します。
ガーデニングに関する用語

ブルームレス台木の魅力とは?

ブルームレス台木とは、台木の表面がブルームを帯びていない台木の総称です。ブルームとは、果実や野菜の表面に白い粉状の物質が付着している状態のことを指し、見た目を悪くするだけでなく、収穫や貯蔵の際に問題を引き起こすことがあります。また、ブルームは病気や害虫の発生源にもなり得ます。 ブルームレス台木は、ブルームを帯びていないため、これらの問題を回避することができます。そのため、ブルームレス台木は、果物や野菜の生産者にとって魅力的な選択肢となっています。 ブルームレス台木のメリットは、ブルームを帯びていないため、果物や野菜の見た目を良くすることができる点です。また、ブルームレス台木は、ブルームが原因で発生する病気や害虫の被害を受けにくいというメリットもあります。さらに、ブルームレス台木は、果物や野菜の収穫や貯蔵が容易になるというメリットもあります。
育て方に関する用語

「蔓おろし」とは?キュウリ栽培の知恵

キュウリの蔓おろしとは、キュウリの蔓を地上から1.5~2メートルほどの高さの場所に誘引して、上から吊るす栽培方法です。この方法は、キュウリをより多く収穫するために考案されました。キュウリの蔓は、地上を這うようにして生長する性質があります。そのため、キュウリの果実は地面に接してしまい、病害虫の被害を受けやすくなります。また、キュウリの果実は、地面に接していると、水分や養分の吸収がうまくいかず、小ぶりになりがちです。 蔓おろしを行うことで、キュウリの果実を地面から離すことができ、病害虫の被害や果実の品質低下を防ぐことができます。また、蔓を誘引することで、キュウリの株が風通しがよくなり、病気にかかりにくくなります。蔓おろしは、キュウリを栽培する上で、欠かせない作業です。
植物の種類に関する用語

不完全花とは?キュウリやカボチャの知られざる秘密

不完全花とは、雌しべと雄しべの両方を一つの花に持たない花のことで、雄花と雌花に分かれています。日本ではキュウリやカボチャ、スイカが代表的です。雄花と雌花は形状が異なる場合が多く、雄花は花弁が大きく目立ち、雌花は小さくて地味なことが多いです。また、受粉に虫を必要とする虫媒花であることも特徴です。不完全花は完全花に比べて受粉効率は低くなりますが、雄花と雌花の特性を別々の花に分けることで、受粉をより効率的に行うことができます。例えば、キュウリの場合、雄花はより多くの花粉を生産し、雌花はより多くの果実を生産します。これにより、キュウリはより多くの果実を生産することができるのです。
植物の種類に関する用語

わかる!『指定野菜』

指定野菜とは何か? 指定野菜とは、農薬の使用量や残留基準が厳しく管理された野菜のことです。 栽培期間中農薬を使用せずに育てられ、農薬検出数が基準値以下か無検出である事が条件になります。 これらの野菜は、一般の野菜よりも安全性がより高く、安心して食べられるとされています。 指定野菜は、農林水産大臣が指定した野菜で、現在は11種類が指定されています。それらはキャベツ、タマネギ、レタス、ホウレン草、ブロッコリー、アスパラガス、きゅうり、トマト、ナス、ピーマン、イチゴです。 指定野菜は、学校給食や公的施設の食事など、多くの人に提供される野菜として使われています。 また、一般の消費者が購入できるように、スーパーや直売所などで販売されています。
植物の種類に関する用語

園芸の用語『果菜類』とは?その特徴や種類、栽培のポイントをご紹介

果菜類とは何か?その特徴や種類について 果菜類とは、果実を食用とする野菜のこと。野菜を分類する上で、果実か根か、地上で収穫するか地下で収穫するかといった違いで、大きく4つに分類される。 果菜類は、果実を食用とするため、通常であれば果物に分類される。しかし、一般的な果物よりも栄養価が高く、野菜として扱われている。果菜類には、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、スイカ、メロンなどがある。 果菜類の多くは、夏野菜として知られている。これは、果菜類の多くが、温暖な気候を好むためである。また、果菜類は、水と肥料を多く必要とするため、露地栽培だけでなく、ハウス栽培も行われている。果菜類は、生のまま食べても美味しいが、加熱調理することで、さらに美味しく食べることができる。
育て方に関する用語

節成性とは?キュウリなどの節ごとに着花結実する性質

節成性とは、キュウリなどの節ごとに花が咲き、実をつける性質を持つ植物のことです。キュウリは、主茎に次々と花が咲き、実をつけます。これは、主茎の節ごとに花芽が分化し、花が咲くからです。また、キュウリの葉腋にも花芽が分化し、花が咲きます。葉腋とは、葉と主茎のつけ根のことで、葉柄が付く部分のことです。 キュウリは、つる性の植物で、節ごとに花が咲き、実をつける性質を持っています。そのため、生育期間が長く、収穫量が多くなります。キュウリは、温暖な気候を好む植物で、日本では、春から夏にかけて栽培されています。キュウリは、サラダや漬物、炒め物など、様々な料理に使用されています。
病気に関する用語

うどんこ病とは?原因と対策を解説

うどんこ病とは、うどんこ菌による植物の病気です。世界中の多くの植物に感染し、日本国内でも広く分布しています。うどんこ病の症状は、葉や茎に白い粉状のかびが生えることです。 かびは次第に広がって、葉が枯れたり、実がつかなくなったりすることがあります。うどんこ病は、高温多湿を好みます。夏場や梅雨時期に発生しやすく、特に、日当たりの悪い場所や風通しの悪い場所での被害が大きくなります。 うどんこ病の原因は、うどんこ菌です。うどんこ菌は、空気中や土壌中に存在しており、植物の気孔から侵入します。 うどんこ菌が侵入すると、植物の組織内で菌糸を伸ばし、胞子を作ります。胞子は風や水で他の植物に運ばれ、新しいうどんこ病を発生させます。
害虫に関する用語

タバココナジラミとは?駆除や被害対策を紹介

タバココナジラミは、タバコ、ナス、トマトなどのアブラナ科の植物を食害する害虫です。体長は1~2mmほどで、白い粉のような分泌物で覆われています。成虫になると2~3週間の寿命であり、その間に数百個の卵を産みます。卵は2~3日で孵化し、幼虫は葉の裏に寄生して植物の汁を吸います。幼虫は4~5回の脱皮を繰り返し、約2週間で成虫になります。 タバココナジラミは、植物の生長を阻害したり、病気を媒介したりします。また、分泌物によって葉が白く汚れたり、べたついたりして商品の価値を下げることもあります。
病気に関する用語

乾熱殺菌で病害虫を防ぐ

「乾熱殺菌とは?」 乾熱殺菌とは、65℃以上、80℃以下の高温空気を使って、土壌中の病害虫や雑草の種を死滅させる方法です。火入れとも呼ばれます。 乾熱殺菌は、病害虫の卵や幼虫、雑草の種子などを死滅させることができ、土壌を清潔で健全な状態に保つことができます。また、乾熱殺菌は、土壌の団粒構造を改善し、通気性と排水性を向上させる効果もあります。 乾熱殺菌は、土壌の病気や雑草の発生を防ぐために、広く利用されています。特に、野菜や花卉などの栽培において、乾熱殺菌は欠かせない作業となっています。
害虫に関する用語

ウリハムシの生態と防除法

ウリハムシとは、ウリ科の植物に大きな被害をもたらす害虫です。体長は約5mmで、緑色や黒色をしています。ウリハムシの幼虫は地中に生息し、ウリの根っこを食べて成長します。成虫になると、葉っぱを食べたり、花を傷つけたりするようになります。ウリハムシはウリ科の植物であれば、どのような種類でも被害を与えますが、特にキュウリやスイカ、カボチャなどの人気の高い野菜に大きな被害をもたらします。