カンラン

育て方に関する用語

胚(珠)培養とは?カンランとハクサイの種間雑種ハクランの作り方

胚(珠)培養とは? 胚(珠)培養とは、受精卵である胚珠を人工的に培養して、植物体を再生させる技術です。受精卵は、花粉が雌しべに付着して、花粉管が伸びて子房に達し、そこで卵細胞と精細胞が融合して形成されます。受精卵は、子房の中で胚珠となって発育し、やがて種子となります。胚(珠)培養では、受精卵を子房から取り出して、人工培地で培養します。人工培地には、受精卵が発育に必要な栄養素や植物成長ホルモンなどが含まれています。受精卵は、人工培地で培養されながら、胚珠となり、やがて種子となります。種子は、発芽して植物体となります。 胚(珠)培養は、植物育種において重要な技術です。胚(珠)培養を利用することで、交配が困難な植物同士の雑種を作出したり、突然変異を起こした植物を選抜したりすることができます。胚(珠)培養は、また、植物の保存や増殖にも利用されています。
植物の種類に関する用語

東洋ランを楽しむコツ

東洋ランの魅力は、その花色や花形、香りの多様性にあります。蘭は、世界に約3万5,000種類が分布すると言われており、そのうち約4,000種類が東洋ランです。東洋ランは、アジアを中心に分布しており、日本には約100種類が自生しています。 東洋ランの魅力は、その花色や花形、香りの多様性にあります。東洋ランの花色は、白、ピンク、赤、黄、紫など、さまざまな色があります。また、花形も、一重咲き、八重咲き、千重咲きなど、さまざまな形があります。さらに、東洋ランは、花に香りが強いものも多く、その香りは、甘く爽やかなものから、スパイシーなものまで、さまざまです。 東洋ランは、初心者でも楽しめるランです。東洋ランは、比較的育てやすい品種が多く、初心者でも簡単に育てることができます。また、東洋ランは、比較的安価で手に入れることができるため、経済的な負担が少なく済みます。 東洋ランは、丈夫で育てやすいランです。東洋ランは、比較的丈夫で育てやすい品種が多く、初心者でも簡単に育てることができます。また、東洋ランは、比較的安価で手に入れることができるため、経済的な負担が少なく済みます。