アンモニア

土に関する用語

園芸を知る『酸化分解』

大見出し「園芸を知る『酸化分解』」 小見出し「酸化分解とは何か」 酸化分解とは、微生物によって有機物を分解する過程のことを指します。この過程では、酸素が有機物と反応して二酸化炭素と水に分解されます。酸化分解は、自然界において重要な役割を果たしており、土壌中の有機物を分解して植物が利用できる栄養素を供給する役割を担っています。また、酸化分解は、堆肥化の過程でも重要な役割を果たしており、堆肥中の有機物を分解して植物が利用できる栄養素を供給する役割を担っています。
肥料に関する用語

園芸の用語『硝酸化成作用』とは?

硝酸化成作用とは、アンモニアやアンモニウムイオンを硝酸イオンに変換する一連の生化学的プロセスです。このプロセスは、バクテリアや古細菌によって行われ、土壌や水中で起こります。硝酸化成作用は、植物が利用しやすい窒素の形である硝酸塩を生成するため、生態系において重要な役割を果たしています。 硝酸化成作用は、主に2段階のプロセスです。第1段階は、アンモニアの酸化であり、これは硝酸化細菌によって行われます。硝酸化細菌は、アンモニアを亜硝酸塩に変換します。第2段階は、亜硝酸塩の酸化であり、これは亜硝酸化細菌によって行われます。亜硝酸化細菌は、亜硝酸塩を硝酸塩に変換します。 硝酸化成作用は、土壌のpH、温度、湿度に影響を受けます。硝酸化成作用は、土壌のpHが中性からアルカリ性のときに最も速く起こります。硝酸化成作用は、土壌の温度が20〜30℃のときに最も速く起こります。硝酸化成作用は、土壌の湿気が多いときに最も速く起こります。
肥料に関する用語

生理的酸性肥料とは?土壌への影響と使い分け方

生理的酸性肥料とは? 生理的酸性肥料とは、土壌に施用すると一時的に土壌を酸性化する肥料のことです。 酸性化する原因は、肥料に含まれるアンモニウムイオンが土壌中のリン酸イオンと反応して、リン酸アンモニウムを生成するためです。リン酸アンモニウムは弱酸性なので、土壌を酸性化します。 生理的酸性肥料は、アンモニア態窒素肥料や硫安などの硫酸アンモニウム肥料、尿素肥料などが代表的です。これらの肥料は、アンモニア態窒素を多く含んでいるため、土壌を酸性化しやすい性質があります。